2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


amazon


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。



ゆずのコンサート


開宴30分前でもがらがらっぽかったんやけど、、、


(これがそん時の写真)
fc2blog_2017052715482270b.jpg



その30分の間に



一気に満席、4万5千人



圧巻でした。



しかもコンサートが始まると、4万5千人がひとつになっている。



あの一体感はなぜ生まれるんだろう?



音楽との一体感でググッてみた。

音楽は、聞くだけで気持ちによい影響を与えます。

そこに手拍子や振り付けが加わることで、一体感が生まれます。

アイドルやロックバンド、歌手などのコンサートでは、コールアンドレスポンスをしたり、ファンの方と一緒に踊れる曲を歌ったりします。

人は同じ行動をすることで相手に親近感をもつといわれており、アーティストとファンが同じ行動をすることでお互いの距離が縮まるのです。

コンサートはアーティストとファン同士にとって、大切なコミュニケーションの一つといえるでしょう。

また、アーティストとファンが一緒に一つの曲を作り上げることで、コンサートがさらに盛り上がるメリットがあります。



ということらし!^^





そして普通ならコンサートは撮影禁止だよね。

でもゆずのコンサートは撮影Ok(昨今は他の歌手のコンサートでも当たり前になってきているならスルーしてね)


撮影禁止の常識を破るのもファンの心をつかむ一因になっているかもね



いい記念になったよ。






そうそう余談だけど、


ゆずがこの日「僕たちのコンサート30回以上来てくれている人手を挙げて」といった瞬間


びっくりするくらい手が上がったのには驚きだったなぁ~ ^^:




さて、、、次回予告編


明日はジェットスターエアーチケットが最終的にどうなったか?


LCCの格安チケットは払い戻しはないというのが一般的だけど、こんな裏ワザがあるとは。。。また明日覗いてね。



 

IMG_4414.jpg 







涙腺が緩んでしまった曲のひとつ!







978.jpg 
 
IMG_4425.jpg


IMG_4429.jpg 


IMG_4434.jpg 



最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。






DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。


本日

遠方出張から関西に戻って





そのまま京セラドームへ




パワー貰ってきます。


















最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。







DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。




少しでも今を改善していきたい。

そこで今回、OMRON社製の携帯用心電図計を購入した。

http://www.healthcare.omron.co.jp/product/etc/hcg/hcg-801.html


この心電図計

コンパクトでしかも測定方法も簡単。

それでも波形表示は本格的で、パソコンに専用ソフトをインストールするとA4でプリントまで可能。

担当医に複数の不整脈が出ているかを見てもらいやすくするための投資である。


自分で出来る事は、極力自分でやる。


その気持ちは復活出来るまで変わらないよ。








最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。







DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。



IMG_1559.jpg 


忘れてた~!!!


今年もハワイアイアンマン世界選手権に出場するという決意の元、

搭乗日の330日前にハワイアン航空券を購入していたのだった。

 

先日も紹介したが、JALは4月の国内線も、10月の関空―ホノルルの国際線共に今回の事由により一番安いチケットを購入(参考までに往復ビジネスの格安チケットで20万程だった)していたものの全額返金に応じてくれた。

 

では今回のハワイアン航空はどうだったか綴っておこう。

 

先ずやり取りは電話にした。

ガイダンスに従って待つこと7分、ようやく担当者に繋がった。


理由を述べると



「今回のチケットは前売りで払い戻しの効かないチケットですのでご要望にはお応え出来かねます。」



という回答だった。

 


しかしハワイアン航空のホームページにも予約コーナーに特別な事由によるキャンセル方法が記載されている
事を伝えると「すぐ上司に相談します」という回答に変わる。


 

その後「診断書をメールで頂きたいのと4カ月以上も先の話なので本当にキャンセルしますか?」という返答

 


「キャンセルは決定しています。診断書は直ぐにでもメールします」




一旦電話を切り




 
すぐさま診断書を指定先に送信すると、10分も経たない内に担当者から連絡が入る。

 

 



「今回はお見舞い申し上げます。30ドルのキャンセル料と座席指定往復分
2000円を差し引き支払いのクレジットカードにお戻しします。2カ月程先の返金になる可能性もある事をご了承ください」


という結果だった。


 

 

今回、ジェットスター(国際線)、JAL(国内線、国際線) ANA(国際線)


ハワイアン航空ともに、正当な事由があっても
ひとつずつ丁寧に説明していくことが重要となる。


(オペレーターがマニュアル全てを理解しているとは限らない)



それと

必要な書類をしっかり準備しないとここまでの結果を得ることは出来なかっと思われる。

 


特にジェットスターの最も安いチケットの場合はかなりの労力がかかる。


(但し「Starter」運賃または「Starter Plus」
 「Business Max」は変更は少し楽!)


フライト予定日から6カ月以上先も渡航禁止という
診断書も必要になってくる。

 


この明記がないと払い戻しではなく変更手続きしか応じてくれない。(しかもバウチャーで)、



今後、僕と同じような事になった方がいたら、


「そういえば室〇が綴ってたな」と思い出してもらえたらうれしいね!

 




 ハワイ島KONA


IMG_1563.jpg




IMG_1557.jpg 




IMG_1554.jpg 




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。







DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。





bike7_201703211956527bf.jpg



現在Facebookで繋がっている友達は1200人に達しようとしている。


でも

424日に手術を受けてから、Facebookへの投稿は殆どしていない。




その理由はアプリを立ち上げると必然的に友達の投稿に目がいってしまうのがネックとなっていた。




今の自分を受け入れるために、


極力他の情報を見ない様にしようと思ったのが一番の理由である。


これ正直な気持!(ストレスとなる一面もあるから)


一方のメッセンジャーはfacebookとは別のアプリで立ち上げられるので、情報交換としては使い続けている


ありがたい事に今でも全国の仲間からメッセージが届いている。

 

再手術の日程も決まった今、今後もFBへの投稿は現状と変わらないと思う。



それで友達が減っていくのは仕方のないこと。


元気に投稿出来る様になったらまた復活するので、そんときはよろしくね。^^


run9_2017032119565472d.jpg

 







最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。








copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ