2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:IRONMAN70.3台湾

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。




先ずはオンボードカメラで撮影したものを紹介

カメラはDHバーにシャッターが下向きになるようにセットしているので、画像は逆さまになってしまう。

でも写真閲覧時に180度回転させるだけで済むが、動画だと簡易ソフトでは無理。


Goproは最初から反転モードがあるみたいだね。

撮影した約半分は自動的に反転してくれていたので助かったが、残り半分はそのままなので、専用ソフトで反転するしかない状況。

次回からそのモードで撮影出来るようににマニュアルを読んでおこう。

動画もこのブログでアップしてみるね。



フォームを確認するのにいいアイテムになると思う。

また自分のも撮ってもらおう!



では本題


先ずは台湾遠征記時の為替レート
台湾ドル1ドル=約4.1円程度。(両替手数料含)

人気レストランに入って肉系、野菜系 炭水化物系の3皿を注文して200ドル程度だったので約820円。(これで十分な量)








一方、コンビニで買い物すると150ドルくらいすぐいってしまうので、コンビニは割安感は無かった。
台東にはファミリーマートやセブンイレブンが沢山あり日本食材も結構あったのでほっとした。^^

で、今回は限られた時間の中でも旅を楽しむというテーマで敢えてレンタカーをチョイス。
往路は目的地に一刻も早く着きたかったので、途中寄り道などしなかったが、帰路は時間もあったので結構寄り道しながら旅を楽しむ事が出来た。

レンタカーは日産のRV車だったんだけど、これがまた燃費が良かった。
多分リッター20キロ近くいってると思う。



合計400kmも乗ったのに、ガソリンの目盛は8段階あったが、そのうち3つしか消えなかった。
借りた時は2つしかなかったので満タンに入れておくべきと決断したが、たっぷり余ってしまったという事です。^^:

マンゴー畑も沢山あったよ~ ただハウス栽培ではなく普通に栽培していたのよね、
そりゃ安く買えるわあ~と納得。

これマンゴー畑


今回お世話になったホテル(日本では民宿レベルかな)は改装したばかりなのでとても良かった。
女将さんも親日派でとても優しく、手料理まで振舞ってくれた。
レース後はトロフィーを見せると、ものすごく喜んでくれたのが嬉しかったね。



一期一会

これからも大切にしていきたい。





最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   










スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:IRONMAN70.3台湾


にほんブログ村

  ↑  

この台湾シリーズになって閲覧数は凄いんですけど、1クリが殆どありません。
是非1クリ応援よろしくお願いします。




相変わらず誤字脱字が多くすみません。

1日経って見直すと結構自分でも見つけられるので、都度修正しています。


引き続きこの調子で綴っていきますのでご勘弁を^^:


fc2blog_20180316231313e96.jpg


今日は個人手配したホテルについて紹介後、レース前日のドタバタ劇を一気にいっちゃいましょう。

ホテルは3泊4日で15000円(もろもろ含む)

朝食はご近所さんの料理屋がテイクアウト式でロビーに置いておくシステム。

事前に7種類から好みのものと必要な時間をフロントに伝えておけばOK。


軽食って感じだったがなかなか美味しかった。(写真撮り忘れた)

駐車場は無料で助かった。しかも目の前。


このホテルのアクセスは受付&スイム会場まで約1km。

競技説明会のあるシェラトンホテルまで400mと全て徒歩圏内。


夜はメイン道路から奥にあるので騒音もなく快適だった。


で、ホテルでも翻訳機器でコミュニケーションは完璧


えっ?

「なんだ、その翻訳機器は」って聞こえてきましたね。


答えはこれです。^^


99_20180322194740d9a.jpg


グローバルWifiがレンタルしているこちらです。

https://townwifi.com/


Wifiを借りるに当たって特別なサイトを見つけた。


今回4日間で1200円だった。




翻訳機器を試に借りてみたのである。

 
63カ国語に対応するので、世界中に足を伸ばせる勇気が湧いてきた。^^


使い方はwifiに繋いで使う。


日本語で話し、機器が認識した言葉を表示した後、ネット環境から翻訳しスピーカーで流れるというもの。


タイムラグは2秒程度なので全く問題ない。

僕が質問した内容について、相手が回答する時は、別のボタンを押してその人に話してもらう。


すると日本語にしてスピーカーから流れてくるのだ。



活舌の悪い僕でも上手く翻訳してくれているのでほんと助かった。



言葉が通じなくて海外遠征を躊躇っている方は、是非試してみてね。






ホテル到着後、先ずはバイクを組み立て不具合がないかチェック。

特に問題なかったので、翌日のハードスケジュールをこなすため早めに就寝。


翌日は午前6時起床 朝食後、暑くならないうちにバイク試走へ。

GOPR0207.jpg 



練習してたら51.5kmのレースの真っ只中。いつの間にか僕も選手と一緒に走っていた。(爆) 


カメラマンに写真も撮られていたなぁ~^^:



練習後、そのまま受付会場へ行き受付を済ませ、いつもお世話になっているPSI様のブースご挨拶。

同時にCEEPOの田中さんも会えたのでご挨拶。

この時昨日綴った内容をご報告。


fc2blog_20180317200213a55.jpg 



受付後、ホテルに戻りレースの準備。競技説明会まで少し時間があったので昼食+昼寝。


午後2時にホテルを出てバイクの預託とスイムを少々(ウエット着用して)


ランニングでホテルまで戻り、シャワーして競技説明会へ



競技説明会は日本人用だったので、会場入り口付近は日本人のみ、


fc2blog_20180317200353290.jpg 



でもハーフアイアンマン専門のアスリートが多いのか見渡しても知り合いゼロ。。。^^:


これはほんと残念だった。


話しかけても会話のキャッチボールもないくらい。


ここは大人しくしておこうと決意 競技説明会は25分で終了。


その後、夕食を摂り最終準備をして早めの就寝



いよいよ明日はレースデーだ。




しかし台湾は放し飼いの犬が多いね~! 

野良犬も多かったような気がする。レース本番にワンちゃんが飛び出してこないのか心配にもなったくらいだ。


OKHV7316.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   











DATE: CATEGORY:IRONMAN70.3台湾

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。




来年参加を検討される方や、今後個人手配で海外遠征を検討される方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。



IMG_0646.jpg

自宅から空港までの移動はマイカーです。


 (これは個人手配であろうがツアーであろうが同一料金)


自宅から100kmで関空に行けるので助かってます。因みにセントレアまで110km 伊丹空港まで55kmです


今回利用したエアーはLCCのpeach  


関空ー高雄直行便 


料金は26800円だった。 受託荷物は2個を設定。 往路は最前列2000円プラス込み


自動チェックイン機で手続きし、カウンターに荷物を預ける。


IMG_0645.jpg 



荷物は203cm 20KG以下であればOKとネットで調べておいたのだが、


係員曰く、規定内の荷物であっても中身が自転車であれば別料金となる。と告げられる


片道6250円 往復12500円を支払う。ただ荷物は3つ預けられることになったので3つ預けた。


これは勉強代だね。


機内の食事などは予約せず、ターミナルビル内で購入して持ち込んだ。

IMG_0649.jpg

フライト時間約3時間


高雄空港に到着すると、空港自体がそんなに大きくないので預けた荷物が直ぐに出てきた。

入国審査も10秒で終了。


 IMG_0653.jpg


到着ロビーに出で直ぐに総合受付に向う

日本語を話せる人がいるか試に聞いてみる

「はいできます」 笑顔で答えてくれた。


「この会社のレンタカー事務所に行きたい」と告げると丁寧に教えてくれた。


指示に従いカートを押したままその場に到着。


レンタカー屋は全てローカルで3社のみ。日本の会社はない。

しかし、片言の英語、日本語を話す担当者であったことと、僕が持ち込んだ翻訳機器がうまく機能し、10分足らずで手続き終了。


外観チェック後、ガソリンを見ると殆ど入っていない。 


返す時は最低同じ残量で返してくれたいいと言われた。


台湾ではレギュラーガソリンは”95”で表示されている。


IMG_0656.jpg



普段左ハンドルを握っているので、右側通行への変化はあるものの、ビビる事はなかった。 

既にkonaでも乗っていることも影響しているだろう。


台湾で運転するには日本の免許証とJAFで申請した中国語に翻訳された免許証が必要。

国際免許では乗れない。

レンタカー料金:保険込みで29500円(フルカバー保険料込)+ガソリン3500円分給油 合計33000円

無料でGPSを貸してくれた。

日本語対応品 これで台東到着後もかなり使えた。


所要時間3時間30分 休憩2回


レンタカーのメリット

□見たい場所で止まれるし、休憩が自由に出来る。
□一旦車にに荷物を積めば楽ちん。
□現地に到着後、各会場へも活用出来る。
□他にもメリットはあるよね。


GOPR0242.jpg


兎に角日本の数倍速度取締装置がある。 超過速度もほんの少しでも写真が撮られ請求が来るらしい。

70km/h 60km/h 50km/h の標識に注意。

レンタカー屋から、「もしスピード違反してたら車のナンバーで請求がくるのであなたのカードで支払っておく」

「3ヶ月待って何もなければ違反してなかったと思え」と言われた。 ^^:




一方、高雄空港から地下鉄で15分、そこから特急に乗り換えて約3時間。 構内移動、切符購入など合計4時間程度で台東まで移動できる手段もある。 台東駅からはタクシーでホテルまで移動となる。

電車を利用した場合は片道1500円しない。

安い!

このルートを活用した方に話を聞くと、往復共に満員にはならない。切符も当日窓口で買える。

日本で予約する必要はないと言われた。




バスも高雄空港から出ているが、やめておいた方がいいと言われた。 

事前情報&現地の方からも聞いた。



ご参考まで



で、、、、重大発表


今シーズンでCEEPOから別のバイクに変ります。


今回のレースで会えたCEEPO代表の田中さんにもその旨をしっかりと伝えた。


「悪く思わないでくださいね」という言葉も付け加えて。


「今年のKONAだけは乗ってね。後は問題ないから」と言ってくれた。




僕はどんなバイクでも乗れると思っている。

バイクの特性を自分で掴み、それにあったポジションを見つけていけば、どんなバイクでも乗れるものです。


例えばZIPPとGOKISOでは重量バランスが変化するのでサドルの位置(前後)を変えていますからね。


バイクと身体が一体化するという事を感じるようになれば、分かってくると思います。


こんな話題だけで盛り上がったトラ仲間が数名いますので、間違っていなと確信してます。



ではまた明日。


IMG_0703_20180321200906cb2.jpg


参考になったよ。と思ってくださった方 是非1クリ是非お願いします。 応援してね。


  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   










DATE: CATEGORY:IRONMAN70.3台湾


にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。






IRONMAN70.3Taiwan回想記スタート~!!



先ずはカテゴリーを設定しました。

ブログの右側の上を見てね。 

これからはひとりごとではなく、しっかりカテゴリーを設定してアップしていきますね。

これまでアップしたものも時間のある時でも変えていこうと思う。

自分で見たい時も便利やしね。^^:




さて、今回のレース


競技説明会まで知らなかったんだけど、今年のバイクコース&ランコースは昨年と変わったんだってね。


いや~本当に良い大会だった。

この写真を見てもらえると分かると思う。


昨日のブログでも写真アップしているけど改めてアップしますね。


スイムコース

淡水で透明度もあり底が見えている。


波もなく泳ぎやすい。そして水温も23度以上ある。


ややしんどいのはスイムアップ後、1km近く走らないといけない事かな・・・・・^^:

GOPR0226.jpg 





GOPR0227.jpg 


GOPR0229.jpg 

GOPR0230.jpg 




バイクコース



予想以上のロケーションの良さに感動しっぱなし。

唯一の峠越えは海岸線。


てっぺんからの雄大な景色は思い出にもなるだろう。


僕がわざわざレンタカーをチョイスした理由

それは高雄空港から台東に向かう道路の約60kmがバイクコースになるので事前に確認も出来ると思ったからだ。


見てよ。この景色


GOPR0205.jpg 

fc2blog_20180319215333d11.jpg





ランコース

最初は日陰の無いスイム会場の周りを走るが、その後は大きな公園内を3周回する。 


歩行者専用道の両側に木があるので、その木陰にも助けらる。アップダウンは殆どない。

会場を撮ったこの写真で想像してね。バックの木が生い茂っている中が公園内です。

GOPR0215.jpg




今年チームメンバーにこのレースを誘ってはみたが誰も反応がなかった。


台湾は日本からとても近いが、空港到着後のアクセスやツアー会社の料金設定、


そしてバイクの輸送などハードルが高く敬遠されたのも理由のひとつかも知れない。




今回、これら全てをクリアし実行したので、来年も日程が合えば行こうと思う。


では続きはまた明日。


^^v







最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   










DATE: CATEGORY:IRONMAN70.3台湾

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。


これバイクコースよん。




本日午後8時に無事帰国しました。。


単独の遠征もなかなか面白かったです。


何かひとつやふたつのアクシデントもあるだろうと腹を括っていたのに全くなし。


ほんと拍子抜け^^:   


(だたドライブはスリリングをたっぷり味わえたけどね。^^:)




また、現地に行けばSAMくんやCEEPOの田中さん、、そしてメイストームの大西さんとも会えたし、


帰りの空港ではKTCのメンバーさんと会えたし、誰かに会えるから何も問題なしなんですよ^^



これから遠征全般に渡ってぼちぼちと振り返っていくけど、レースのみに留まらず、いろんな情報を織り交ぜながら綴って参ります。




例年の練習量も30%カットしているのにそこそこ戦えた理由や、


レース中の心臓の状態などもたっぷりとお届けしていきますよん。


そして賢く手堅く遠征出来る方法も、別の角度からも紹介してきますからね。。






今週末は第三の故郷にいってきます。

みんなが祝ってくれるんよね。

週末が待ち遠しい!


では今日は疲れたので早めに休みます。


高雄空港





閲覧者はべらぼうに多くなっているんだけど、1クリックも是非お願いね~

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   











copyright © 2018 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ