2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:On

にほんブログ村  

 ↑ ↑ 

今日も是非1クリ応援をよろしくお願い申し上げます。








先日Onジャパン様から新作クラウドエースが届いたので、早速履いてみました。


既にサイズによっては品薄(販売店が多くなったのも要因の一つかな?)になっているよです。


次期納入日も未定とか。。
凄いな~ Onの躍進!!


では早速インプレです。


今回お願いしたサイズは僕がいつも使っているサイズと同じです。

履いた時間帯は終業後の夕刻でした。
(普段デスクワークなので結構浮腫みがありますので条件は悪いはず)


クラウドエースの特徴
(Onジャパン様からの情報抜粋)
ロングランに耐えられるクッション性と安定性と快適性、インターバルに対応する応答性、スプリントもやれてしまう爆発的な反発性、それら全ての性能を1足に集約している。






1.サイズ感

□いつものソックスに、いつものカスタムインソールに取り換えて、標準でついている紐をそのまま使用しましたが、全く違和感なく履けました。アッパーのストレッチ性が向上している関係もあると思います。

2. 10kmランニングで感じた点

□感覚としてはヒールストライク気味で走るとサーファーのような衝撃吸収を感じます。フラット着地で走るとフローと似たような感覚になり、前に押し出してくれる反発性を感じる事が出来ました。クラウドの様なフワフワ感はないです。



メーカーの説明では以下です。
ヒールからミッドフットにかけては幅広で大型のゼロ・グラヴィティ・フォーム、ミッドフットからフォアフットにかけてはリバウンド・ラバーを採用している。着地の瞬間は、フワッとしつつ安定感が高い。そして、蹴り出しの直前、弾むような感覚に切り替わる。この変化は、2系統のCloudTec®をあわせ持たせたことが大きな理由となっている。


□クラウドXにも採用されたヒールカップが深くなり、3Dパッドがついてタイトになったことでホールド感が向上し安定性が良いです。

□標準インソールもポリウレタンとEVAを組み合わせたもので、ご自身の足にピッタリフィットし位置ズレを防止してくれると思います。(僕は左右の足の大きさが10mm以上異なるのでカスタムインソールに変えてます)

□写真のタイプでは、夏場のレースで暑くならないか心配になると思いますが、レース中エイドで水を被るので問題ないと思います。

□ネックは定価が2万を超えている点かあー(驚)



以上ご参考まで‼



で、いよいよ公開しますよ~NEWBIKEの全貌


今晩アップ予定!!









最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   










スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:On


にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。





2018 CloudX

fc2blog_2018041707182694d.jpg 




自分に合うシューズってどんなものなんだろう?



今回は僕が重要だと感じている事を紹介してみたい。



僕は以下の2つのポイントに重点を置いている。


1、 自分の足に合うか

足の形は人それぞれだし、自分の足でも左右全く同じわけではないので、

先ずシューズに足を入れて一体感(フィット性)を感じれるかどうかが重要だと思う。 



サポート頂いているOnの中でもタイプによっては、僕の左右異なる足でも一体感を感じれるものと、

一部がアッパーに当たって痛みが出てしまったりする事もある。


そのシューズが履きたいタイプであったとしても、やはりフィット感が最も重要なので諦める事もあるくらいだ。



2、 屈曲位置はどこなのか?


次に大切にしているのは、屈曲位置だ。

シューズに力を加えてどこのポイントで屈曲するのかを確かめている。


この屈曲ポイントが、自分の蹴り出す(パワーポイント)とが近ければ走りやすく効率もいいはず。


僕の場合はミドルや、ロングディスタンスの場合、最も履きやすいのがクラウドXになっている


ショートの場合は、レーサーやフラッシュ。練習でミドル走時はサーファーを履いている。


それ以外の練習ではクラウドXが圧倒的に使用率が高い。


(因みに僕の効き足は左で、しかも左足が右足より10m短く、更に大きく変形しているのでいつも左足をメインにシューズ選定を行っている。)




勿論この他に重要な要素もあるよ。



クッション性とか、着地時の自分の足のくせ(アンダーやオーバープロネーション)に合うとかね。


自分の走り方も十分に認識した上で、最適なシューズを選ぶ事が大切だよね。



さてと


先日送ってもらったCloudX white/Black






ホワイトに差し色のブラックがなんともいいね~!!



このシューズは宣伝用に使用する。


遠征時の移動中やレース会場での普段履きでPRしていこう!









最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   












copyright © 2018 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ