FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと



(6月のレースで発生したバルブ部位からのリーク)

6月27日に出場した佐賀県虹の松原唐津大会。
競技終了後にリアタイヤがペシャンコになっていました。

どこからエアー漏れが発生したのか確認するとタイヤ側のバルブ取り付け部の亀裂によるものと判明。
私がこれまで使ってきたジョイントパーツはタイヤのバルブを一旦外して、
そこに取り付けるタイプでした。このジョイントパーツの接続部から漏れない
ようにシールテープは使用していましたが、トルク管理まではしてませんでした。

過剰なトルクで締め付けたために発生した可能性も否定できません。

そこで新たに購入したジョイントは、タイヤ側のバルブはそのままで、外から締め込むタイプです。
そして予め緩めておいたバルブはエアーを入れた後、ジョイント部の先端を時計方向に回すことでバルブを締め付けることが出来るシンクロ機能付きなのです。

このパーツではタイヤ側のバルブ部分への負荷も与えること無く、またエアーを入れた後にバルブを締め付ける事が出来るので安心ですよね。

このパーツでバイク時さらに集中出来るようになるかな?

次回サンライズ磐田大会で使ってみようと思っています。


今日の写真:新型ジョイントバルブ
今日の練習:完全休養(ストレッチのみ)
スポンサーサイト




copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ