fc2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと








今年も大会前日の午前に“キッズトライアスロン”が開催されました。
出場者は100%伊是名島の小学生たち。
1.2年生、3.4年生、5.6年生にカテゴリーが分かれていて、高学年からスタートしていきます。

とにかくみんな一生懸命。 

スイムは全て足の着く浅瀬でゴーグル無し。
泳いでる?いやいや水中歩行ですね。。^^:でもいいんです。 

バイクはママチャリが殆どです。漕ぐ、漕ぐ。凄い速さで周回を重ねます。
そしてラン、トランジットは我々より完全に速い。そして走る、走る。

みんなのキラキラと輝く目を見ていると、純粋にトライアスロンを楽しんでいるのが伝わってきましたよ。

そして今年は大きな変化があったのです。

それはスイムでした。
昨年まではビート板を使っていた子供たち。
今年は誰一人ビート板を使う子がいなかったのです。

小学生の彼らや彼女たちにも“プライド”が芽生えたんだそうです。

この話は司会者の直美さんが後で教えてくれました。

この日、応援していたアスリートたちは一生懸命にゴールを目指していた子供たちを見ながら何を感じていたでしょうか?

私は“プライド”“純粋”“スポーツの原点” の3つのキーワードを教えてもらいました。 


今日の写真;キッズトライアスロンより
今日の練習:外ラン1時間35分 17km
スポンサーサイト




copyright © 2024 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ