fc2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと





先日紹介した

”40歳からトライアスロンにチャレンジする方”の続きです。


今日掲載するのは、彼女からメールを頂いて翌日返信した内容の抜粋です。


「私はこんな思いでトライアスロンを楽しんでます」という内容を伝えています。



以下本文


私の日記には”思い切りレースを楽しむ”という言葉を良く使います。

その理由は、
1.レースまでの間、一生懸命トレーニングに汗を流します。時には辛い練習もします。そしてレースに挑むのですが、緊張などは大いにした方がいいと思うのです。それは平凡な日常生活の中では決して味わえない瞬間だからです。その緊張の中、自然に”自己の可能性”を信じてスタートを切っていくのです。

2、レース本番は上記練習の成果を発揮する舞台を大会事務局が準備してくれています。また多くのボランティアの方々のお陰で自分をゴールまで導いてくれます。私はいつもゴール後に今まで走ってきた方向に振り向いて一礼します。
感謝の気持ちを伝えたいのです。ゴールさせてくれた全ての皆さんに対して!

3.大会には多くのトライアスリートが全国各地から集まってきます。この大会ではレースだけでなく”出会いというご褒美”をもたらしてくれます。
これも楽しみの一つになるのです。
私は過去、宮古島大会に一人で参加し、一人で帰ってきました。でも今は全国に仲間が出来ました。

4.トライアスロンはスタートしてからゴールまで3種目の競技をやり遂げます。
この達成感は少なくとも普通のスポーツの3倍楽しめます。
でも私は3倍以上の達成感を常に味わい続けています。それは上記の3つの楽しみが重なるからです。

5.レースを進めていく上でこんな体験をすると思います。
スイムを終えてバイク(トライアスロンでは自転車をバイクと呼びます)にまたがりペダルを踏み始めると、今までスイムをしてきたことを(ほっとすることはあると思いますが)忘れてバイクのみ集中する自分に気付きます。(経験を重ねていくうえで)バイクを終えてランに入ると、今までスイムとバイクをしてきたことを忘れている自分がいるのです。

そして辛くてしんどいレースになったとしてもゴールテープの向こう側には、普段の平凡な生活の中では決して味わうことのない達成感や安堵感と新たな挑戦への架け橋が待っているです。

なんてね!
この気持ち分かってくれますか??

今日の練習:筋トレ30分 エアロバイク40分 スイム1500m

↓みなさんここを”ぽち”と一回クリックしてみてください。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村
スポンサーサイト




copyright © 2024 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ