FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

(マイミクじょーさんの写真を拝借^^:)

今回の大会は2日間で振り返ります。
今日はスイム、バイク編です。
長文になりましたが、、、よかったら読んでやって下さいね。

この大会の運営も至ってシンプルです。
当日の朝の受付OK。競技説明は10分程度で終了します。

エイジのスタートは8時15分。東北地区の大学生の予選も兼ねており、またリレーの部も含めて一斉にビーチスタートでした。
水温は20度くらいでしょうか?ちょっと冷たかったですね。
透明度は3mほどでしたね。

コースは時計周りでビーチから200m沖にテトラポッドがありますがその間を抜けて沖合い100m先まで出ます。そしてビーチと平行に100m程進んで岸に戻る設定です。一度上陸して2周回します。

定刻の8時15分。一斉にスタートしていきました。
スタートして最初の折り返しまでのバトルってもう、、大学生のパワーに圧倒され続けましたね。

テトラポッッドを越え第一コーナーまで外海のうねりがものすごいんです。
今回のスイムも必死で泳ぎました。
この辺りからようやくばらけてきて、前半飛ばしすぎた学生がどんどん落ちてきました。

二周目は自分のペースで位置取りもうまくいき、前半1周のロスを取り戻せたように思います。
上陸した時間は24分45秒。そこから砂浜、階段、道路、バイクラックまで300m程走り、ようやくバイクにたどり着きました。

バイクは5km先の折り返しまでに20m程度の丘を2箇所走ります。

1往復で4回、これを4回繰り返すので16回コブを超えないといけません。

今回ZIPP1080で挑みましたが、コリマの軽量ホイールが良かったですね。

復路の折り返しはバイクスタート乗車地点まで戻ってきます。
ここまで帰ってくるとギャラリーも多く、うれしいですね!気合が入ります

バイクコース上も車の出入りが激しい幹線道路を使っているのでボランティアがとても多かったですね。感謝感謝です。沿道の声援も沢山受けながら16個のコブを時にはヒーヒーいいながら超えていきました。

私は前半から飛ばしました。
トップ選手とすれ違った時の距離は3.5km地点でしたのでまずまずのタイムか? 学生も含めて25位くらいで一回目の折り返しをターンしていきました。

そして私は終始単独走行。

2周目からは私の1km後方で7,8名の学生とエイジのドラ族(ドラフティング集団)を発見。
その後ろも、またその後ろもドラ集団です。

マーシャルが2.3人しかいないので、殆ど見れないですね。

とても残念でした。

結局私の後方にいた集団から引き離してゴールしたものの、その連中たちの足はしっかり残っていてランで数人にパスされていくのです。

バイク終了時点8位。そこから最終ランに入っていきました。

今日の練習;スイム1000mイージー

今日もワンクリックをありがとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村

スポンサーサイト

copyright © 2019 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ