fc2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

(バイクスタートです:撮影ぶっち君)

 お読み頂いたらこのバナーのクリック応援をよろしくお願い致します

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村


仙台ベイ七ヶ浜大会を振り返る。

大会前日は自宅を4時に出発し、最初の目的地である受付会場に午後1時半頃到着。

早速受け付けを済ませ、その後スイム会場近くに車を止めてバイクコースを1往復しました。


バイク試走を終えて帰ってきたら、


な、なんとトヨタ車体の山本、福井プロが隣の車にいるんですよ。 

サインもらおうかと思いましたが、お二人の集中した表情に圧倒されて言葉さえも出せませんでした。



長旅だったので、すぐさま6kmほど離れたホテル(昨年と一緒)にチェックインし、エリートの部に出場するチームメートのぶっち君を待って共に夕食を摂り、早めの就寝となりました。



レース当日、天候は曇り。

エイジの部は8時15分のスタート。

水温はこれまでのレースの中で一番良かったかな? 

学生選抜も同時開催された250名近くの選手が一斉スタートしていきました。


私は左寄り最前列からスタートしたものの、100m程進んだ所で後から抜いて来た学生たちの餌食になってしまいました。

(速い学生さんは最前列からスタートしましょう



上に乗られる。。。


沈む



海面に上昇するも



また沈められました



溺れる、、、溺れる 



このまま終わり??




3,4回海水飲みました。


その後も過呼吸で苦しみ続けました。


750mで一旦上陸後呼吸を整え、何とか2周を終えましたがかなり遅い事を知ります。



ガーン!



プールの練習では昨年より確実に速くなっているのになぁ


まだまだ修行が足りませんね。


頑張らねば!



上陸後バイクスタートの所でブッチ君から「こうたんじょー君と40秒差」と言われ?
酒田では1分40秒差で先に上陸しているのにまったく逆の展開になってしまってました。

(ぶっち君。。何度も何度も応援ありがとう


バイクは 約5km先の道路を折り返してくる設定です。

これを4往復します。(メイン会場にまで一旦戻ってくるので応援する側も移動しなくて済みます。)そして小さな丘を3回上り下りする設定です。
 

ここで先頭との差を確認できますが、明らかに5分以上の差がついてます。

そしてこの先頭グループは15人前後の大集団でした。

完全にエリートレース並み。

ここまで集団になると抜け出せないでしょうね。


しかも学生が沢山いましたから一発勝負(インカレ選抜)の中で最後のランのために足を温存しておきたい所でしょうね。 


この中には

福○選手や、今○選手もこの中にいました。





そして第二パックがきました。


ここには10名前後かな?

前頭を引くのは斉○じょー君。


彼は最初から最後まで先頭を引き続けてました。


これをずっと見続けていた私は「彼は本物」だと思いましたね。

間違いなく強くなりました。

バイクのフォームはこの大会の中でも一番良かったと思います。彼はバイクラップ単独て引き続けて3位です。


この第二パックも最後の4往復目にやっとマーシャルが入ったのでしょうか?少しばらけてましたが時既に遅し!


誰がこの中にいたか?

それは私だけが知っています。





このパックに追いつく事すら出来なかった私は、学生(この学生、先日の酒田のレースで2分近く引き離したのにな)と意地の張り合いをしながらなんとかバイクを終え最終ランへ。


ランもバイク同様に4往復する設定です。
メイン会場前を8回走る設定で応援してくれる人にパワーを与えてもらえます。


最後まで粘りを見せようと踏ん張りましたが結果は2時間18分後半。


昨年のタイムより4分以上遅いゴールでした。


ゴール後は直ぐに帰り支度。

高速で通行止めの情報があり、11時過ぎには会場を後にし帰路につきました。(結局福島県で車両火災により上下線とも通行止め:一旦高速を降ろされ40km先のインターまで一般道を走る羽目となりました。)


帰宅は午後10時 復路は11時間近い長旅となりました。


来年も参加することになったら、やっぱり飛行機ですね。


最後に

今回の大会で知合えたアスリートの方々に感謝します。

そして大会運営関係者の皆さんJTUの方々、そしてボランティアの方々に感謝申し上げます。


良い思い出をありがとうございました。


 お読み頂いたらこのバナーのクリック応援をよろしくお願い致します

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村
スポンサーサイト




copyright © 2024 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ