fc2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

明石海峡大橋

 お読み頂いたらこのバナーのクリック応援をよろしくお願い致します

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村



今日からは暫くひわさ遠征紀行&レースレポートで引っ張ると思いますが、よろしくお願いしますね。


ではひわさ大会を振り返るの一発目の日記は


大会前日を振り返ってみましょう!


今回行動を共にしたのはチームメートの滋賀支部バカボン君と大阪のなおとクンそして京都トライアスロンクラブのみなさんです。


こうたんちからひさわまでの距離は300km弱。

バカボン君の大きな車(1週間前に納車された新車)に乗っけてもらって自宅を6時前に出発。
(こうたん楽ちん


普段渋滞する箇所もスイスイと通過し、な、なんと現地に10時前に到着してしまいました。



鳴門大橋


鳴門(少し見えるかな)


3年連続で出場しているこの大会。

過去2回は滋賀を8時に出発して現地到着が午後2時を回っていたのでこの時間の差に唖然!


さて、何するか?


国民宿舎うみがめ荘のチェックインは午後3時


「じゃー昼飯までにバイクでも組み立てて最終点検でもするか?」



3人で(京都トライアスロンクラブのメンバーは違う宿でした)バイクを組み始めます。


(この人がチームメート滋賀支部切込隊長:トラ歴15年のベテランバカボン君)



そして組み上がったバイクの記念撮影をした後の二人の会話をお読みください。



こうたん

「バカボン君、この峠コースでハンドル高さがやけに低いな。大丈夫?」



バカボン

「うーん。こうたんのと比べると確かに」



こうたん

「まあ、そのポジションで乗りなれているんだからいいんじゃない?




バカボン「。。。。。


そしてその10秒後。。。



彼はこんな行動をし始めたのです。




おっとケンズの河原選手仕様にする気?? 



その間、私は大浜海岸を撮影






撮影を終わって二人のもとに帰ろうとすると、まだやってる。








最終的にこうたんと同じ高さくらいに変更・・

ベテランのバカボン君の行動。。。。意味不明






しかし


この変更が当日



悪夢に変わるのです。



この続き(昼食〜就寝まで)はまた明日!


 お読み頂いたらこのバナーのクリック応援をよろしくお願い致します

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村

スポンサーサイト




copyright © 2024 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ