FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。

FKKDE8489_20180219203543b09.jpg 



昨年の
9月復帰第一戦として出場する予定だったIRONMAN70.3重慶



だが、レース
1週間前に突如キャンセルとなり、代替のレースとして参加したのが11月のIRONMAN70.3厦門

 

これが今回の奇跡のきっかけとなる。

 



このレースで出会った方(アスリートでもある)は上海在住で、同じ滋賀県大津市出身の〇〇さんだった。


彼は運営のお手伝いをするために来ていたらしいが、もともとイベントスケジュールには無かった日本人向けの


競技説明会を、独自で資料を作りわざわざ開催してくれたのである。



驚きだった。説明会が終わった後、彼に御礼を伝えた。



(左に立っているのが彼)
IMG_7131_20180219203549b1b.jpg


翌日のレース当日、彼は応援に駆けつけてくれた。写真なども沢山撮ってくれた。

 


その後
FBを通じ友達となり、彼に9月の重慶のキャンセル料がいまだ支払われていない事を相談した。


すると彼は中国の
IRONMAN事務局にいる友人を通じ担当者を突き止め、最終的にアメリカ本部への調整を追跡し続けてくれたのである。



でも日はどんどん過ぎていった。

 


そうこうしているうちに彼が春節(2月15日(木)~ 2月21日(水)7連休)に入り帰国することとなった。

 



IMG_7211.jpg 



先日の
15日の午後、僕は彼に連絡をした。

 


「帰国されました?時間があえば是非会いましょう」

 


すると彼から「関空に到着しました。また日程調整しましょうね。楽しみにしてます」という返事が返ってきた。

 



そのやりとりから僅か5分

携帯に電話が鳴った。りそな銀行からだった。

 


りそな「ムロ〇さま、
WTCから約7万程の入金指示がありますが心当たりありますか?」

 


僕「はい。4カ月間待ち続けてました。」


りそな「承知しました。名前がコウジでなく、ケイジになってますが確認が取れましたし手続きを進めます」


僕「ありがとうございます。助かります」

 


その後、速攻で入金が確認出来た。

 


しかしなんというタイミングであろうか。



4カ月待ち続けていたのに、彼の帰国の日と入金の日が重なるとは。。。

 


ここ最近、奇跡が立て続けに起きている。
偶然かそれとも必然なのか。

 

彼と21日差しで会う事になった。


彼との再会が待ち遠しい

 

たっぷり御礼しなきゃね!

 


MBQYE4380.jpg



最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On























スポンサーサイト




copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ