FC2ブログ

2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


Run Design


FOOTMAX


TRAN


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと



にほんブログ村


↑ ↑ ↑  
上のバナーの1クリック応援をよろしくお願い申し上げます。



12122683_769521543158103_3160388531474904089_n_20180712203849a46.jpg

52~53歳の頃の練習量は12-15時間/週でした。

そして目標とするレース(宮古島やKONAの予選)の6週間前の最終段階では、

20時間/週を超える練習をこなし調整を行っていました。


結果的に5年連続でKONAに出場出来る身体に仕上げられていた事は事実ですが、

今の自分だと、この練習量をこなしたら間違いなくオーバーワークになってしまいます。


12096210_769521569824767_7040786178596515833_n_20180712203847c26.jpg


昨年の手術以降は過去の練習量とは完全におさらばして、

日々の体調に合わせ量や負荷を変え効率面を意識した練習に切り替えてきました。


2018年上期の平均時間はGARMINデータで8-10時間/週 

レース前の調整時期で最も多くなっても12-14時間/週となっています。


この練習量は52-53歳の頃と比べると30%以上も下がっている事になります。


心臓手術後、ロングディスタンスは一度も走ってませんし、ランも21km以上走った事もありません。


でも、70.3の場数を踏みながら、今年のKONAが走り切れたらと願っている所です。



常に不整脈の発作が出ないか不安な気持ちで出場を続けてきたKONA


でも今年は、その不安もなく出場出来る事が夢のようです。(但し期外収縮は未だに残っていますが)

何処まで戦えるか全く予想できませんが、


このレースまでの残りの期間をしっかりと前を向いて練習と向き合っていきたいと思います。


IRONMANが誕生して40回目の節目の年に、

あの舞台に立てる事に、応援してくれている全ての方々に感謝です。



で、いよいよ明日から遠征のスタートです。


テーマは「楽しむ!」


グアムの全てを身体全体で味わってきます。^^


12144934_769521553158102_6822057150085065465_n_20180712203845de7.jpg




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村












スポンサーサイト

copyright © 2018 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ