FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
皆さん口蹄疫って知ってますか?

今、宮崎で猛威をふるっている家畜の伝染病ですが
最近になって、やっと全国ニュースにちゃんと取り上げられるようになりました…


昨日、宮崎の親友であるコーチ(は○しさん)から電話がありましてね、


コーチのもとに、昨日の朝方転記で届いたひじりさんという畜産農家の方の日記を是非紹介させてください。



読んでいただく前に付け加えておきたいことがあります。


この日記については、だれかの批判ではなく、ただ現状として起こっているある畜産農家の現実です。
悲劇を繰り返さないためにも、みなさんが正しい認識を持っていただけるだけで幸いです、
みんなでこの怖い伝染病に立ち向かい、なかなか届かないとは思いますが農家の方々を励ましましょうね!

では長文ですが、読んでくださいね。


―――以下本文―――


〜殺処分の様子は…

…あなたの町には何人の子供がいますか?〜

畜産農家の現状です

殺処分の様子は、本当に地獄絵図のようだった。
獣医さん達が来て、一頭一頭、注射で眠らせてその後に、さらに注射で安楽死させると思っていた。

この養豚農場には、人間よりも大きな母豚が数百頭、青年豚がさらに多く、子豚が数千頭
口蹄疫の症状の出ていないまだ元気な豚もたくさん居る

「 何十人と獣医師が来たけどよ。かき集められた経験の浅い獣医師たちは、母豚を怖がってまともに注射も打てんちゃが

急所は首筋の血管なのによ、柵の外から身を乗り出して、お尻に打とうとするわ、バカじゃねーか!豚だって生きちょっし痛いから、ひょいとお尻を動かして逃げるわな。

しょうがねーかいよ、俺が柵に入って豚の首をガシって押さえつけてやる始末。
危険やっちゃけど仕方ないわ

首筋に注射を打つやり方を教えたっちゃけど、ダメじゃわ・・・

もう、豚の首は、突き刺した注射のあとだらけ、痛々しいわ。豚はギャーギャー暴れるわ

ちくしょーーちくしょーーー!もっと安らかに死なせてやってくれよ。

獣医師の免許をもっちょる奴しか、殺したらいかんかいよ。手がだせん・・・

かわいそうでよ

もちろん、ベテランの奴は上手いし、早いわぁ。

でもな、みんな目に涙を浮かべながらも作業してくれてるんよ。

命を救うための獣医師がよ。
今まで、命を助けようとがんばってきた獣医師がよ

この注射を打ったら、こいつが死ぬって分かりながら、注射を打ちこむんよ。
そりゃあ、人としてつらいし、心が痛いわなぁ。歯を食いしばるしかないのかよ!

俺はさ、もともと出荷のための豚なら、なんとかあきらめがつくんよ。出荷だと思えばいいちゃかい。

でも、母豚はよ。俺がこの農場に努めだしてからずっと面倒見てきたっと、性格もよく分かる。顔見りゃ名前も、出産した回数も、病気した時、エサを腹いっぱい食って喜んだ時。悪ん坊や、甘えん坊、気性の荒い奴、優しい奴、み〜んな分かる。共に生活してきた家族やっちゃかい。

口蹄疫に感染してしまって痛々しい症状が出てる奴は、鼻や口の水疱が破けて痛いもんやからエサが食えんなっちょる。それでも腹はへるかい、えさを探すわな。豚は鼻が命じゃ。人間で言う手のようなもんで物を探るのは鼻で探るんよ。

痛いやろうに・・・

まともにエサが食えんかい。今日まで俺が食べさせてやってた。

鼻も口元も、蹄も乳首も痛々しいのに、俺を見つめる目はやさしくてよ。なんだか、向こうがごめんよ〜言ってるみたいや。ありがとう言ってるのかなぁ(T-T)

注射打たれる姿に耐えられんで離れたところから見てたら、獣医師の腕をふりほどいて、こっちに走ってくっとよ。

ひずめが炎症起こして血を流してるもんは、痛いから立ち上がれんでずっと横になってギャーギャー言ってる。でも、立ち上がらせて殺処分するところまで連れて行かんと、重いかいよ。まず鎮痛剤打つっちゃわ。

したら、痛みが取れるもんじゃかい。ひょいっと立ち上がる。でも蹄からも血が出て、腐りよっかい


蹄が取れていくとど・・・赤くなった蹄だけが地面に転がってるんやど・・・

それでも、蹄が無くなった足で、俺の所に駆け寄ってくる

はやくなんとかしちゃれよーーーー!

ある程度の大きさの奴は、電気で殺すっちゃわぁ

でっかい火ばさみみたいな物で、まず頭を挟んでな、スイッチを入れると高圧電流が流れ、失神する。
そしてそのあとに、胸の所を挟んで、心臓に電流を流すとガタガタガタとしびれて心臓を止めて殺すとど・・・かわいそうやんけ。

さっきまで、元気で、震えて泣きよったやつが。突然静かに死体となるんよ。

たださ、時々、その動かなくなった豚を運んでたり、穴の中に落とした時に、生き返って動き出すやつがおるんよ。気絶してただけなんやろうな。哀れでなぁ、また殺さにゃいかんし・・・。

まだまだ元気な奴らはさ、どんどん穴ん中に落としていく、みんなで板を使って追いやって穴に落としていく。

一番下に落とされた豚たちは、熱と重さで圧死ししていくけどよ。後から後から落とされた豚は、どんどんジャンプして穴から必死に飛び出ようとするんよ。

だから、上からブルーシートをかぶせてよ、コンパネの板を上において、飛び出してこんように、俺たち人間が上に乗るっちゃわぁ・・・

それでん、下から・・ドンっ!ドンっ!て必死にぶつかってくっとよ。

そのすきにブルーシートの隙間からホースを入れて、中にガスを流し込むとよ、すると

だんだん静かになってきてよ、しばらくするとシーンとなるんよ


作業員達があちこちで、殺処分をしていってる
地獄を描いてる絵があるわぁ。鬼が人間をいたぶっている絵よ。あのまんまって感じ


豚舎の中が、ギャーギャーって今まで聞いた事もないような泣き声があちこちから聞こえるかいよ。

赤ちゃん子豚が不安な目でジッとしちょっちゃわ。

病気に感染した奴は、蹄から血を流して痛いし、口が使えんもんやから
コロっコロっ死んでいく。
死んだ子豚をここ数日何頭拾って歩いただろう

それでも、感染していない元気な奴もいっぱいおる。

殺さにゃいかんとか・・・

本当に、この子達を殺さにゃいかんとか!

周りの異常な雰囲気を感じちょっちゃろうね
ひょいっと両手で掴み上げるわ

すると、身体をグッと堅くして、俺の目を見るっちゃけどよ、小刻みに震えてるのが手のひらに伝わってくるとよ。

ごめんなぁ、ごめんなぁ。俺が泣き出してよぉ

その身体に注射針が刺されて、静かに、ぐったりと手の中で重みだけを感じる物体になる

もうどんだけの涙が流れ出たかわからん

あと、残ってた1200頭は、ウィンドレスの豚舎じゃかい

帰ってくる時・・・空気を送り込むファンのスイッチを切ってきた。

家に帰ってよ。風呂に入ってよ。飯はよう食わんかい。焼酎飲みながらテレビをみてるとよ

いつのまにかボロボロボロ泣いてるっちゃわ

今頃、静かに窒息死していってるんだろうなぁ・・・・。

お前よ。豚は言葉がしゃべれんけんどよ。もしもよ、お前の子供をよ、「なんで?」って言われながらよ。国からの指示やかい言うて・・・大好きなのに・・・手の中で殺せるか。」

まだ、口蹄疫の感染拡大は収まらない

今もまだ、毎日毎日のように、牛や豚が殺処分されていく

そして全ての農家で、こんな味わいたくもない体験を味わってる

なぜ、農場主や従業員が、中に入って一緒に処分しないといけないのか

せめて、優秀な獣医師や、テキパキ動ける自衛隊員をもっともっと送り込んでくれよ!(泣)

今朝までで、126軒、11万4177頭の生き物の殺処分が言い渡された。
あなたの町には、何人の子どもが住んでいますか?
牛や豚の保証はされますが、育つまでの2年間
そして牛舎や材料費、人件費など多大な借金はそっちのけ、、、
心豊かな日本であってほしいですね。


―――以上―――――


「コーチはこの方に確認を取ってみたらしいのですが決して誰かを批判するものではなく、ただただ、畜産農家の現状を知ってほしいだけ」

との事だったそうです。


報道では決して知らされてない現状…
ワレワレが出来ること…


まずは、同じ日本に苦しんでる方がいることを真剣に考えることでしょう。


コーチも既にバイクの外乗りは自粛してるそうです。
そして、あくまで、作業員や獣医さんには全く罪はないと言ってました。



同じ日本なのに温度差の違いに私自身も涙した日記になりました。



 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

iwamoさんへ

iwamoさん

いつもありがとう。


そしてよくコメントしてくれました。

是非iwamoさんの日記でも

紹介してください。


本当にありがとう!

スコットさんへ

スコットさんへ
分かるよ。その気持ち!

でも勇気を出してコメントしてくれた。

本当にありがとう。


みんなの気持ちが宮崎に届きますように!


なおとくんへ

なおと君
気にしないでね。

私だって、一緒に食べたいとコメントしているんですから


それより勇気を出してコメントしてくれて嬉しいです。

一日も早く感染が止まることを願いましょうね!

ハイビスカスさんへ

ハイビスカスさんへ
よくコメントしてくれました。
本当にありがとう!

マンタさんへ

マンタさん
よくコメントしてくれましたね。
本当にありがとう。

一日も早くこの感染が終息することを願いましょうね!

タクさんへ

タクさん

よくコメントしてくれました。

きっと勇気がいったでしょうね。

この気持ちだけでも大切な事だと思います。

一緒に願いましょうね!

イガピョンさんへ

イガピョンさん
コメントありがとうございます。

確かに人間って都合のいい生き物ですね。


常に食として口に入れているのですからね。

そしてアスリートのトレーニングに欠かせない栄養素ですからね。

トレイルランは自然に感謝しながら走らせてもらってます。


私は耳鳴りが酷いんですが、


山の中にはいっていくと自然に小さくなるんです。


不思議なんですよ。


本当に!

なので自然の中での練習は格別ですね。

ふじいどんさんへ

ふじいどんさん
どうも初めまして、

コメントありがとうごいます。

養鶏業を営んでらっしゃるのですね。

私などは

マスコミからの情報しか入らなかったのが

今回宮崎の友人からの転送でこのような現状を知る

ことが出来、マスコミとのギャップにショックを受けました。

自分は何も出来ないですが、

ただただ一日も早く事が終息することを願うばかりです。

きっと転載喜んでくれると思います。

コメント本当にありがとうございました。

ちゅらさんへ

ちゅらさん

コメントを頂けるだけでも嬉しいです。

コメント勇気がいったでしょうね!

本当にありがとう!

このコメントはコーチにも見てくれていると思います。


私も一日も早く終息することを願ってます。

テレビからでは分からない

なんとか最後まで読みました。

ダメですね。

自分もうまくコメントできませんが、
こういう事に目を背けずに、
畜産農家の皆様を応援したいと思います。

自分とこの日記でも紹介させて頂きます。

自分は

今の自分に何が出来るのか?

何度も

何度も

コメントを入れては消しています。

情けないですね。


一日も早く宮崎県が元気を取り戻してくれることを願ってます。

言葉が出ない

すいません。
こんな時期にうまい焼肉を食べたなんて日記を何も考えずに書いた自分を恥じました。
口蹄疫のことわかっていたつもりでも、認識が甘かったです。一刻も早く終息に向かってほしいです。

今日

テレビで川南町の農家の方が撮影したビデオを紹介してました。

こうたんさんの日記の一部がフラッシュバックしました。

一日も早く感染が止まることを願うばかりです。


ワクチン

悲しいです

ワクチンで救える日が一日でも早くなるように願ってます

悲しい現実

悲しくて

最後まで読めないと思えるような現状でした。

こんな事が今宮崎のあちこち強行されているのですね。

獣医の心中も察します。


本当に一日も早く解決してほしいと願ってます。


深いですね~

とてもリアリティーを感じました。

僕の大好きなソーセージは、豚の命をもらって、加工されて、口に入っている。そのとき、豚の生きている姿を想像して、食べてはいませんでした。

犬や猫を愛する愛犬家、愛猫家は、犬や猫を食べられなくても、豚は食べる。牛や鳥も食べる。

人間は、動物にとって都合の良い生き物なのでしょうね。


僕らの世界は、ある種の矛盾を抱えて生きている。普段、残酷とは感じることなく、スーパーへ行って、すでに加工された精肉を買い、食事を楽しんでいる。

僕らは、生物から命を分け与えてもらい、生かされいている。

トライアスリートの肉体は、トレーニングだけでは、つくられません。食べ物から、栄養を得ています。

このたびの畜産農家のご苦労をお察し致します。

こうたんさんも、山の中をトレイルランをされている時、自然から命をもらって、生かされているという感覚がありますか?

自分の肉体も、結局は他の生物(植物も入れて)と同様に、自然の一部なんだというような。。

僕は、たまーにあります^^

鳥インフルといっしょですね

こんばんは。はじめてコメントさせていただきます。
兵庫の藤井と申します。

いつも貴ブログを拝見して元気をいただいております。

私事ですが、養鶏業をやっておりましてこの度の口蹄疫のニュースを見て「あの時といっしょや」と感じております。

「あの時」とは鳥インフルエンザの流行があった時の事です。

あの時も今回の口蹄疫と同じようにどんどん殺処分されていきました。

仲間内には自殺者も出ました。

「なんでや…」

口蹄疫も鳥インフルも「ワクチン接種」で防ぐ事ができます。

人間のインフルエンザは事前にワクチンを接種します。タミフルなども備蓄してあります。

すべて「行政」に従わねばなりません。

同じ「痛み」を知る者として憤りを感じております。

私に出来る事…。

私のブログにも転載させてください。同じ痛みを知る者として少しでもお役に立ちたいと願っております。

よろしくお願いします。



現実

どうコメントしていいのか?

いろいろと考えながら、キーボード叩いてます。


マスコミの内容って何?

現実をもっと伝えるべきではないの?


悲しいです。



農家の方々が、一日も早く元気を取り戻して下さる事を願ってます。


こうたんさん
コーチさんと共に日記に掲載してくれて感謝です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ