FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

今日はメンタル面について考えてみた。

トライアスロンに夢中になって今年で早や5年目。
石の上にも3年ということわざがあるが、これだけの歳月を継続してきた過程で
多くのことを学べた。

そこで今日のひとりごとでは学んだ想いの一端を述べたい。

普段の練習、そしてレースの結果に対して、自分自身に満足する、
あるいは感動する時の基準というものを考えてみた。

その基準は誰かの練習量と比較したり、誰かにレースで勝った時では無い。

”自分自身が設定したものを達成したときに現れてくるもの”

普段の練習であっても、そしてレースでも目標設定というのは非常に大事であり、
これこそがこの競技を通して学んだことの一つである。

そしてこのことは、普段の仕事と向き合う姿勢や、自らを進化させることにも繋がっていくと想う。
やはりスポーツは”見る”だけでも感動はするのだが、”やる”と感動はさらに何倍にもなるものである。

またこんな”想い”を紹介していきます。

今日の写真:石垣島より
今日の練習:アクティブレスト ラン5km スイム1000m
関連記事
スポンサーサイト



コメント

あずさん

あずさん
今年のレースで頑張る姿きっと見れるよね。。
楽しみにしていますよ。(^^)

こーじさん プロの気持ち!

こーじさん
本当にプロの気持ちに近づけたいですよね。

”目標”よく使う言葉ですが。。。。

意味は深い!!

Unknown

ん~確かに・・・。
トライアスロンは自分に勝つこと負けることが素直に出てくる種目やと思います。
練習を怠れば正直な身体に怒られてます。
今シーズンはそうならないようにトレーニングに励みます☆

Unknown

「スポーツは”見る”だけでも感動はするのだが、”やる”と感動はさらに何倍にもなるものである。」
ってまさしくそうですね!!
しかも楽しさも見るよりもやってみるほうが倍楽しいのがわかりますね!

それにプロの選手の気持ちなんかも経験を積み重ねれば積み重ねるほど分かってきますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ