FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

昨年の珠洲大会での出来事。

Bタイプに出場した私は第一ウェーブ。 
一方プロの柴田卓也選手は5分後の第2ウエーブでスタート。(なんでやねん?)
バイクの15m地点辺りで柴田選手が追い上げてきた。
彼に付いて行くことが出来るか?心配な面もあったが、めったにないチャンスと思いひたすら付いていく。
その内 彼は何度かウエアの後ろのポケットから”パワージェル”を出して補給する。彼は補給が終わったパッケージは勿論の事、”切り捨てる部分”も含め元のポケットに仕舞い込む。

「すっすごい!」

プロとしての”自覚”を垣間見た瞬間だった。

正直、私は今までパッケージは仕舞っていたが”切り捨てる部分”については口で開けた後そのまま路面や路肩に捨ててしまっていることが大半だった。
今思うと情けないの一言!!

どんな小さなものでもゴミはゴミ!
珠洲大会以降、レース、練習問わず心を入れ替えたのであった。

表彰式で話しをした彼はとても腰が低く好感を持てた。
競技レベルの違いはあってもどんなアスリートに対してでも普通に接してくれるそんな彼を見て私はこの競技をやっていてよかったと思った。

心に残る珠洲大会となった。

今日の写真:昨年の珠洲大会より
今日の練習:完全休養日
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ぜひやりましょう。

オニヒトデさん
音吉の大会は今もありますよ。2回参加させてもらっていますがすばらしい大会です。毎年行きたい大会の一つです。

今年のいぜなではぜひ一緒に!!
よろしく!

Unknown

私の実家がある愛知県の知多半島で行われる「にっぽん音吉トライアスロン」大会の前日に競技説明会終了後にアスリート有志でスイム会場の砂浜の清掃をしていました。(今もやってますか?)
選手のみんながそういったことに気がついて行動すればマナーアップにもなるし、気持ちよくレースが出来て、受け入れる方々も大会があってよかった、となると思います。私もバイクの補給食の袋とかバナナの皮も背中のポケットに入れて、レース後に宿で処分します。
今年のいぜな88大会の前日にでもビーチの清掃をしましょうか。

Unknown

zippyironmanさん

初めまして、、コメントありがとうございます。
ミクシイから入っていただきました?
トライアスロンがますます好きになった思い出の大会になりました。今年も柴田君に会えるのを楽しみにしているんです。zippyironmanさんともどこかでお会いしたいですね。

のぶりんさん
ご無沙汰しています。
勘違い??パッケージはちゃんと仕舞っていますよ。
引き裂いた先っちょだけですよ。。。(::)

ネチョネチョのポケットもそうですが手もネチョネチョで、ペロペロしないといけない時も。。(^^;)

口で裂く構造部分、離れない工夫が施されればありがたいな。。。

Unknown

僕も,ごみはポケットに入れて,エイドでしか捨てないよう心がけています。ポッケがネチョネチョになることもありますが…。
え~~最近,みなそうなんだと…。

柴田卓也

そうなんですよ、柴田卓也という男は。私も3度目のIRONMAN KOREA(その時はチェジュではなく束草(ソクチョ)という街でした)で同部屋だったのを機会にお付きあいさせていただいています。腰がひくくプロという事を見せびらかさない。他人を思いやる気持ちが人一倍あるいい男ですよね~。プロアスリートの傍ら、副業で昨年末に岡崎市で「タルト屋」さんをオープンしたそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ