FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

是非ワンクリック応援よろしくお願いします。 ↓  ↓  


 チームフィオーレ MTCメンバーの皆さん over40's


 トラステメンバーも是非是非 , 滋賀仲間も全国の仲間もよろしくです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


 




お待たせしました。


 


いよいよバイク編です。


 


スイム上陸後はいきなり3〜5%の登りがしばらく続きます


 


(○印がスイム会場。そこから東へ向かい、折り返してくるんです)



 


全般に渡ってバイクコース上は街路樹が殆どありません。


 


おまけに道路幅も広いから斜度の目測が出来ないんです。


 


これには本当に参りました。


 



その後は湖を右手に(といってもかなり離れてましたが


 


東方面に向かい35km程行ったところで折り返してきます。



この約70km間は車両規制がありませんでした。



従って、普通に車が行き来します。



歩道ラインには一定間隔でキャッツアイ(反射板)が埋め込まれています。


 


(こんな感じのものが歩道ライン上に埋め込まれてます)



追い越し時は車道に入って追い抜き、その後歩道に入るというルールです。



私はこの往路で悲劇に遭いました。



緩い登り地点


女子選手を抜こうと車道に入ったのですが、後方から車がクラクションを鳴らしたため、


 


慌てて歩道に入ろうとした時、破損しているキャッツアイが目に飛び込んできました。


 


前輪はなんとか回避したもの、


 


後輪のタイヤ側面にこの破損部が接触


 


ノーパンク剤がすべて吹き飛び


 


一気に空気圧がゼロになってしまいました。


(でも、緩やかな登りでのアクシデントだったので大事に至らず幸いでしたよ。下りだったら落車していたでしょうね


 


レース中のパンクは初体験となり、降車後、路肩で修理を始めた時は


 


正直


 


涙がこぼれました。


 



でも


 


 



「ここでレースを諦めてはいけない。試練だと思おう!」


 


そう言い聞かせました。


 


チューブラータイヤは珠洲大会前にリムセメントをたっぷり塗布していたのでなかなか外せません。


 


でも


 


涙の本当の訳は


 


ガラガラへビが襲ってこないかが心配だったのかもしれません???


 



レース後確認しましたが


 


バイクメーター(オートラップ設定)と公式記録のバイクラップの差を確認すると修理に11分間要していました。


 



続く


 


 


ブログ村のランキングは 


下の写真の所をクリックしてもらって初めてポイントが付くんです。


それでブログ村に登録しているトライアスリートのブログ間でランキングが決まってくるものです。


是非是非ワンクリック応援よろしくお願いします。  ↓  ↓  ↓    ↓  ↓


 にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

マユゲマンさん

マユゲマンさん

いえいえ

マユゲマンさんもポジティブじゃないですか


小さいトカゲはなんども道路を横断してましたよ。。


@@:

パンチコーチ

パンクコーチ

完全に伝染やね。

でもいい経験をしましたよ。

来年50歳の私へのプレゼントだったと思ってマース。

いい記念になった。

70歳になっても笑って話せそう。

ガラガラヘビが心配で泣いてたことを!^^:


キヨコママ^^

キヨコママ

泣けたな~

泣けた

でも笑えた

ゴール出来てよかった。

またトライアスロンが大切な事を教えてくれました。


いままで私もリムセメは途切れ途切れで塗ってたんだけどね。。


裏目にでました。。


プロのバイク50台近くじっくり見てきました。。

また報告しまーす!

^^

marinさんへ

Marinさん

わたしの

11分は遅すぎですね。。。

オバカでした。

タイヤレバーを準備してなかったのが一因でもありますバイ!


オオバカですバイ!


ちゃんとくくり付けたタイヤに入れときましょう!

Unknown

おおー大切なレースに限って・・・。でもこうたんさん前向きですよね。
ガラガラヘビ!?こわっ!!

パンクは楽しい☆

はぁ~い

ワタクシが伝染させました

今年はみなさん練習で落車したとか、パンクだとか・・・・・

気をつけましょうね



11分の間にガラガラヘビを見つけて

タイヤにして巻いたって言うから

すげぇ~よなぁ~

Unknown

またいい所でコマーシャルが。

レース中のパンク、泣けてきますね。
自分のことのように読みながら
あ~!!!
って思わず言ってしまいました。

リムセメしっかりは安全ですがこういう時焦りますね。
私は所どころすぐにレバーが入るようにスキマ空けて塗ってました。

ボンベ使用・タイヤ回収時間込みで平均3分半要します。11分は辛かったですね。

今はチューブレスなのでパンクの心配ほぼありません。

11分

その時間は早いのか、かかりすぎなのか?私にはわかりませんが…
こないだビワイチで夫のパンク修理は30分かかりましたよ~

30分かかって修理し、
新しいチューブと交換て………

最初からソレをやらんかい

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ