FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

皆さん、先ずはワンクリックから是非お願いしまーす!!

→クリック にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村 ←ここでもOK ポチッ!



今日はスイムスタートからバイクゴールまで一気にいきますね。 

  


o0800053212045272340.jpg



私のカテゴリーはプロがスタートして45分後の第6ウエーブ


既に1000人近い選手が私の前にいる展開で70.3マイル先のゴールを目指していったのです。



613e08c0096342756d984ede4de797539d1bf717.jpg

スイムは規定の水温にまで達しなかったためウエットスーツの着用が認められました。


スイムの苦手な私にとって有利に傾いてくれたと思います。 
 

 ワンウェイのコース設定は完全な追い潮。

9f9c53658dd77d0ba10f4132a6a6c708d0c41583.jpg




1. 9kmを25分という私とって未知の領域でスイムアップ。



スイムはエイジ5位で上陸し、長いT1を経て得意のバイクへ移行していきました。



DSC_0029.jpg

バイクコースは180折り返し、90度コーナー、下りでの急減速、アップダウン、路面の凸凹、コース幅の狭さと


国際レースとしてはかなり厳しい条件でしたが、



選手同士の条件としては皆同じ。


気持ちを切り替えて、TTバイク(サーベロP3)で果敢に攻めていきます。 
 

5eb61cdb6ba2b3b2cd2dfd8e791d0c9c6b93b02d.jpg 
 

 

バイク序盤で同じエイジの選手を1名パスしたら、この時点でエイジトップになっていました

前の選手を抜いてく一方で完全に一人旅!



誰一人後ろから抜いていく選手はいません。

(いや友人を抜いたら、、抜き返されたのが1回だけあります。これ番外編で綴ります^^:)



しかし30km過ぎたあたりで、外国選手に一気に抜かれます。

o0800053212045292864.jpg

「あっ同じカテゴリーだ」


私を抜いていくスピードは凄まじく反応すら出来なかったのですが、100m程離れてからは一向に差が開いていきません。


登りになると逆に近づいていくんです。外国人特有のパターンです。



100m近い差が、200mになったり50mになったりの繰り替えしで、75km地点付近で彼はもう一段階ギアチェン ジしたの


でしょうか?



とうとう彼の背中は見えなくなってしまいました。


46f6107db79a112269a548e71ed9d369d6215944.jpg



が、


しかし85km地点で、また彼の背中が見えてきたのです。



そのまま彼の背中を捉えながらバイクゴール。あっという間の90kmでした。


(バイクラップ2時間41分:エイジ2位)

0963d2c94099319468cd87e82dfc2fc01d5fbb3a.jpg  
 

7b71e469101ad52086884c6b1074ccbf7674247f.jpg

 



是非ワンクリック応援よろしくお願いします。 ↓  ↓  

 にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

 にほんブログ村 

  



関連記事
スポンサーサイト



コメント

喜んでいます

専属カメラマンが、

写真をいっぱい採用していただけたことを!

撮り甲斐があるそうです。

レース中、こうたんも笑うんですね。

私はいつも手ふってますけど(^^;

臨場感が!

やっぱレースレポートは臨場感があります!
わくわく...

この笑顔で誰もがファンになってしまうのですね、自分もその一人ですが・・・(笑)

marinさん

沢山撮っていただいて本当に感謝です。

ありがとうございました。

日記を綴るのも楽しいくらいです。

今回は本当に沢山の方々に撮影してもらい、感無量!

この大会は本当に

楽しませてもらいました。

TAKAさん

ありがとうございます。

写真たっぷりあるので。。最高っす!^^v

stellarmanさん

ファンって。。^^:



大笑いしてません??????????^^:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ