FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

今シーズンのトライアスロン大会も南の島から除々に内地に移動しつつありますが、これから出場を予定されている方にとって待ち遠しいことと存じます。
是非それぞれの目標に向かって、そして最高のゴールを目指してチャレンジください。応援していますよ。

さて私は歳を忘れて毎年10レース前後出場しているのですが、今年はシーズン5年目という節目の年ということもあり“夢”のハワイアイアンマン(世界選手権)を目指し大会を絞っております。
既に宮古島大会を終え、次の大会は7月1日の徳之島大会。そして8月26日のアイアンマンコリアです。
これまで真夏に行われる大会に出場はしてきたもののショート(51.5km)が中心でした。ミドル、ロングの大会は今シーズン初めての経験となります。

そこでこのひとりごとを読んでいただいた方に質問なのですが、
暑さ対策はどのようにされていますか?特に最終のランの暑さ対策を是非アドバイスしてください。

現時点で私なりの対策方法を紹介すると(笑わないでくださいね)
? 独自の氷入れ(マジックテープとファスナー付き)を製作し首に巻きつける。
? 市販のラン用の帽子を改造し氷が入れられるようにする。
? バイク用ボトルかもう少し小ぶりなボトルを携帯する。これでエイド間の気持ち(集中力)をつなげるようにする。

上記のアイデアは暑さ対策と同時に極力エイドで立ち止まらないようにする(ロスを最小限にする)ためのものでもあります。
どうでしょうか?

どうかアドバイスを!!お願いします。

今日の写真:マイガーデンより
今日の練習:ウエイト50分 スイム1600m 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

栗野金時玉三郎さんへ

栗野金時玉三郎さん
貴重な体験談ありがとうございます。

皆さんのアドバイスを自分なりにアレンジして、まず次の徳之島にチャレンジしてきますね。

ありがとうございました。

夏のレース

宮古島の暑さが平気なら問題ないと思います。
私もこまめに水をかけます。靴が濡れても気にならないのでバイクの時もランの時も頭、首、背中、足と乾く前にかけるくらいの気持ちでかけています。
帽子は首筋に影が出来るタイプ。
前までランパン派でしたが宮古ではw社のCWXの足首までのタイプで走ってみました。ふくらはぎを締め付け血流が良くなるのと水をかけたとき良く冷えたので調子良かったです。
エイドの水の衛生上の問題ですが、私は気にしていません。それくらいでダメになるような内臓では真夏のロングの大会は走りきれないと思います。
20年していますがレース中にお腹を壊した事はありません。私のお腹が異常?

のぶりんさんへ

のぶさん
どうもありがとう。
感謝!感謝!
ぜひ参考にさせてもらいます。
よっしゃ! 力が沸いてきたで、、、!

夏のレース

私は夏のレースはトライアスロンって感じで大好きです。いつもべちょべちょで,ぐちゃぐちゃになりますが…。

とりあえず,参考までに,,
エイドでは動きつつ,自分の筋肉の熱くなっている部分を冷水,または氷で冷やします。私の場合はだいたい太ももの裏,表と腰です。そして灼熱のときは背中と首と頭…,この部分からもっとも暑さを感じてしまい精神的にヤバクなってきますので。。

あとバイクで,まずwaterのボトルを取って,腰と大腿筋にぶっ掛けます。それから,必要なドリンクを取るって感じでしょうか~~。

前も言いましたがコリアはランでペットボトルの水(トップの方は,かなり冷えたの)を渡してくれたので,それを持って走って,エイド間の中間までもたせました。

細かくなりましたが,私の場合は,夏のレースは,こまめに水をかぶって,体を冷やす。エイドの間はロングのレースの場合比較的短いので,水をかぶるだけでかなりリフレッシュできますよ~(長くなってすいません)

かいかいさんへ

かいかいさん
どうもありがとうございます。
サウナでトレーニングですね。
よし、頑張るぞーーー!!

いぬゾウさんへ

いぬゾウさん、
コメントありがとうございます。

氷をパンツの中ですね??^^;

ありがとうございます。

心強くなってきました。。。

コリア大会への
カウントダウンよろしくお願いしますね^^v


はま~ちゃん

はま~ちゃん。
夢を実現させたい そんな想い入れの強い今シーズンです。
はま~にもまだまだ負けたくないしな。。。^^;

太陽さんへ

太陽さん。
どうもありがとう。
お腹を壊さないためにも注意しますね。

首まわりがポイントだとは思っていました。

どうもありがとう。。。!!



こまいぬさんへ

こまいぬさん
アドバイスどうもありがとうございます。

真水と飲みすぎには充分注意しますね。

脱水にならないように飲みすぎてもだめなことが分かりました。本当にありがとうございます。




首まわり!

 太陽さんのおっしゃるように、首周りが冷たいと大分違うと思います♪「独自の氷入れ」、いいアイディアですね!
 あとは熱中症予防になるべくサウナに入って熱を出しやすい身体をつくるようにしています!

変な?暑さ対策

私もこうたんさんの域ではありませんが・・・。
私は暑さにほんと弱いです。
今まで、ジャパン、宮古、佐渡、皆生、コリア、皆生と6回ロングのレースを完走しましたが、どれも最後のランでは暑さに負けて力尽きています。

なので、全く参考にならないとは思いますが、以前、TJ誌に載っていた?な暑さ対策を読んで一度試しました。
私は、体温が上がり熱が体内にこもってバテバテになる感じがよくあったので、どうしたものかと思っていたところその記事には「ダイレクトに心臓に氷を当てて冷やす!そして、氷をパンツの中に入れて男性の××を冷やす!」という少々荒っぽいものでしたが、試したところけっこう息を吹き返しましたよ!(笑)。

2年前のコリアのランでは、片道約7キロのコースを3往復しましたが、エイドは7キロに5ケ所あり水もペットボトルの水なので安心です。
チュジュの水は、おいしいです!
バイクでは、ペットボトルのまま手渡されます。
氷に関しては確かに衛生上?ですね。
ウェアーの後ろポケットに氷を入れて走ったりしましたが、振動で飛び出すのでマジックテープなどで止めれるウェアーがあればなぁーなんて思ったりしました。
私はランで、ポシェットをつけるのでこれにペットボトルの一番小さいやつを入れエイドでこのボトルにも給水して利用することもあります。
小さいので走っていても負担になりません。

コリアのカウントダウン3カ月前からどうでしょう?

意気込み

さすがですね。。
コリアではハワイの権利を
とってきてくださいよぉ~~~。

首まわりがポイントかな?

僕はこうたんさんの域ではないですがお答えします。
首周りに日差しが当たらないようにラン用の帽子をかぶり厚手のタオルを巻くだけでいいのでは?もし首を冷やしたいならエイドで氷をもらいタオルに巻きつけてみれば?
水分補給の件だけど、僕もコマイヌさんと同じ意見で水は飲まない方がいいと思うし氷も口にしない方がいいと思います。なぜならば人の手からもらう氷は雑菌だらけで夏は注意した方がいいのでは?お腹をこわす原因かも?あと水も要注意かな?
スポーツドリンクが絶対いいいと思います。素人の意見でした。

暑さ!

私は重たいので熱がこもって暑さに大変弱いのです。
脱水にもなりやすかったので、いろいろと暑さ対策は考えているのですが、
歳をとると「真水は絶対に飲まない・・」ことは絶対に守るべきことのようです。

水分を取りすぎるのも脱水の原因になります。
飲む量をきっちりと決めてかからないと飲みすぎて、お腹が「タポン・タポン」それでものどが渇く・・という不思議なことに。どうやらなったら終わりのようなので、飲まない練習も必要ではと思います。
荒井君のランをみていると私たちからするとほとんど飲んでい無いくらいの量でした。

徳之島は猛烈に暑くて、坂で、チュジュとほとんど同じ感じでしょう。良い練習になると思います。頑張ってください

暑い時はランニングはランパンの方が良いのでは・・と思います。特にランパンが便利なのは涼しいことと、
エイドごとにパンツの中に氷を突っ込むのです。冷えてきて頭の中までしゃきっとします。是非お奨めです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ