FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

どうか、どうか下の写真1クリックから応援よろしくです。 

にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



P1010983.jpg 


明日は休日ですね・・


練習出来るやん!!




では本題


私のトレーニング方法です


私が心がけている最近の練習方法について紹介したいと思います。

これは、かれこれ2年前から取り組んでいる内容です。

50歳を超えた今、疲労をなるべく蓄積させない様に心がけています。


それは


”強度の高い運動”と”長距離トレーニング”の組み合わせです。


この練習のメリットとして

1.メリハリのあるトレーニングになるので練習に身が入る
2.強度の高い運動は短時間(長くても1時間程度)なので時間に余裕が出来、その分ケアやストレッチに回せる。
3.心拍計で強度チェックを継続しているとパフォーマンスが上がってるかが客観的に確認出来る。
4.その他まだまだあるけど、、この辺で。。^^:





以下


文献を引用しました。


強度の高い運動は、乳酸を運動中にエネルギー源として使う能力を高めるのに役立つ。
これは体内に乳酸が十分体内に充満すると、乳酸をエネルギーに還元する酵素の分泌が促進されるからだ。また激しいインターバル・トレーニングによって循環器の機能が高まれば、酸素が体の隅々まで効率的に行きわたり血液の循環が高まることで乳酸を体中に分散しやすくなると考えられる。
 

長距離トレーニングは、乳酸のそもそもの生成量少なくし筋肉から乳酸を除去するスピードを高める効果がある。長距離トレーニングをすると、筋肉内のミトコンドリア量が増えその機能が向上する。具体的には、より多くのエネルギーを脂肪酸から作り出せるようになる。これによってエネルギー源として脂肪酸の利用が増える(筋グリコーゲンの分解量が減る)ので乳酸の生成量が減る。また大きな筋肉の中にあるミトコンドリアは、乳酸を除去するスピードを促進することが知られているという。
 

ご参考まで。。


今日の練習:リカバリー
ラン:トレッドミル11km
スイム:2200m


iron56.jpg

 

ワンクリックでこうたんにパワーを!! 是非ワンクリック応援よろしくお願いします。 ↓  ↓  
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ