FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

今月号のトライアスロン専門誌(TJ)に宮古島大会の特集がありました。
その中にバイクコースである東平安名崎の折り返しのコースが掲載されていました。

灯台を折り返して一人淡々と前を追う選手が物凄い集団となっている選手たちと対向する”シーン”。

”何かを物語っている”と感じました。


明らかにドラフティングの光景です。

「ドラフティングというのは他競技者あるいは車両の直後や真横を走行することにより、風圧を減少し競技上のアドバンテージを得ることを意味します」

トライアスロン競技中は自分に有利になるこのようなドラフティングは禁止されています。(オリンピック競技とワールドカップは許可されていますが)

宮古島大会のように
1500人の参加となると、このような現象に陥ってしまうものなのでしょうか?

この中にいるアスリートには

?やりたくないのにこれだけの人がいるとどうしようもない
 =成り行きに任せるアスリート
?あー楽だ。マーシャルもいないし。あと半分の距離もこのままでいたい。
 =ドラフティング愛好者
?「コラー!正々堂々と戦え!」と心の中で叫びながら自分は決してやらない。
 =正真正銘のアスリート

(この他にもあるかもしれませんが。。)

一人一人、必ずどれかに該当すると思います。

トライアスロンは大会を運営する方々、そしてボランティアの方々の協力を得、
地元の声援を受けながら
家族や友人、恋人などに支えられて遠いゴールテープを目指すことが出来ます。

その中で”満面の笑み”になるのは”最初から最後まで正々堂々と戦ったアスリートのみ”だと私は思います。

私は今回、このTJにあえてこのような写真を掲載した "理由の一つ"であると信じたいと思いました。

みなさんはこの写真を見てどう感じられましたか? 


今日の写真:今月号のトライアスロン専門誌(TJ)宮古島特集より
今日の練習:完全休養日
関連記事
スポンサーサイト



コメント

のたっきさんへ

のたっきさん
伊良湖大会は本当にひどいものですね。

私は毎年 吠えます。^^:

小松も酷いです。

この時も吠えました。

今年は伊良湖は応援にいくので、写真を一杯撮ろうと思っています。^^:

はなびさんへ

確かにトップ選手でもありますね。眼を疑ったことがあります。

どんな状況下に置かれても、自分と向き合って戦い抜きたいものですね。





Natural大好きさんへ

Natural大好きさん

ふむふむ 心強いコメントをありがとうございます。

自分自身の信念を貫き通す。 
正々堂々と戦っていきましょうね。!

今度の徳之島やアイアンマンコリアは力の差がはっきりするはずなので、がんばりますよ。


太陽さんへ

太陽さん。その通りですよね。

自分の力で頑張りましょうよ!! 

共にね。。。!!

モリリンさんへ

モリリンさん
私もこんな経験をしたことがあります。

レベルが均衡した選手だと、抜いても付いてきますし、先に行かせても付いていけるペースなのです。

そんな時は、ドラフティングゾーンを意識しながら前に行ったり、後ろに下がってしまったりしますね。

その内、最終的に練習量の差が出てきて、バラけてきます。

バラけた時に、「よし」と思えるのです。 

共に自分に負けない心でいたいですね。

かいかいさんへ

かいかいさんのおっしゃる通りだと思います。

正々堂々と戦い抜いた時の達成感はひとしおだと思います。
自分に負けないための“強い心”を養っていきましょうね。



騎☆ターミネーターさんへ

騎☆ターミネーターさん
レースに集中していると周りが見えてないことも多々あると思います。
そんなひたむきなアスリートの背後にぴったりくっつく人もいるのですよ。

私は集中しながらでも、一旦抜いた選手が背後に付いていないか確認しますね。

運営側は大変ですが、厳しくチェックするマーシャルも増員してもらう必要があるかもしれませんね。

“最高のゴールテープを切る”仲間でいましょうね。


オニヒトデさんへ

オニヒトデさん
頼もしいコメントどうもありがとうございます。

一人でも多く気づいてもらいたい。それを祈るばかりです。私が過去参戦してきた大会で、
伊良湖大会は酷いものです。コース設定と参加人数(A.Bタイプで1000人近く)の多さが影響するのでしょうが、容認状態です。
石川県の小松鉄人レース(デュアスロン)も最悪です。何度も「自分の力で行きましょうよ」と言ったことを思い出します。

珠洲や日和佐うみがめ等の起伏の富んだコースは実力の差がはっきりするのでいいですね。

今週の日曜に行われる、広島の大会もドラフティングどころでないコースの様です。

おもりんさんへ

おもりんさん
これからも初めて挑戦される方々のためにもなるべく分かりやすく綴って行きますね。
少しでも参考になってもらえたら本望です。

これから挑戦しようとしているおもりんさんには
どんな状況に追い込まれてもひたすら“自分の力”でゴールを目指してほしいです。

みんなで必ずゴールで待っていますからね。

きっと、これまで経験したことのない“満面の微笑み”があなた自身で体験出来るでしょう!
応援していますよ。

週末はバイクロングライドですか?^^v

Unknown

僕は完走がやっとの遅い選手だからドラフティングとはほとんど無縁ですけど、上位の方はほとんどドラフティングしてますよね、平地が多いコースでは。
伊良湖なんかでもあたりまえの光景ですね。
周回コースなので、集団に抜かれる時に怖いったらありゃしない。
「完走者のすべてが勝利者」という精神が10年前くらいはありましたが、最近は競技指向が強くなって、それがいやでアドベンチャー系に転向した友人もいます。

Unknown

スポーツにはルールがあるし、当然守るものだと思いますね。でも、宮古では以外と守っていないですね。
去年のスイム1700mでの関門でも、何人かは制止を振り切って試合を続けたようですし、、、。
悲しくなります。
今年も、平気でドラフティングしている人に、たまらず注意してしまいました。
 それで感じたのですが、こうたんさんの言う3点の他に、「ドラフティングって何?」の人が多いと思いますよ。もうちょっと勉強してほしい。

ついでに、もう1つ言わせてください。
 左側から追い越すな~!!!


「正々堂々」の意識

 それがある人、ない人、部分的に仕方がないなと思ってOKな人、千差万別ですね。
 IRONAMAN USAで、私、ドラフティングしてる人たちが、折り返してきながら、「この先、マーシャルいるぜ」って教えてくれた(っていうか、私、ドラフティングやってないけど)ので、びっくりしました。
 波崎のミドルなんか、「先頭交代」してますもんね。道が狭いので、仕方ないんですよ、あのレースは。
 私はそういうシーンを体験して、スポーツって、人生の縮図だと思いました。

 スポーツって、生き方、性格が出ちゃいますね。私は私自身の信念、生き方でやる。それでいい。と私は考えています。他人に言う必要、ないですよ。

 ドラフティングやるような人とは、所詮、私は友達になれないもん。それでいいんだ。

正統派

僕はどんな競技でもルールを重んじ正々堂々と戦いたい。それがアスリートだと思う。人生においも.....

葛藤

私の場合①②③の中で葛藤していますね。
極力ドラフティングは避けていますが、抜かすだけの力が無かったり、なんとなく集団の中にいたりして甘えていたりします。本来積極的にドラフティングは避けるべきですけどね。

正々堂々

 戦うからには正々堂々と、ですね
 ズルして勝っても嬉しくない…間違った方法で自分を甘やかすことは「負け」ですね

ほんとですね、、

まだ走ったことのないコースですが、あきらかにドラフティングしてますね、、
振り返ってみると、去年の珠洲のときはどうだったかな?
覚えてないです、、なんせペダル踏んで一生懸命回すことだけしか頭になかったんです、、ドラフティングは自分のしらないうちにしていたかも知れませんが、僕の場合は前の人に追いつけない(抜かれる一方だった)ので、今年は前の人にくらいついていけるように、まずは力をつけんとあきませんです、、

満面の笑み


まったく、仰るとおりです。
トライアスロンの魅力は己の力量で3種目を戦い抜く事にあると思います。が、悲しいかな②のようなアスリートが居るのも否定はできません。特に私のような宮古島12時間台アスリートにとっては①(善意に解釈して・・・)も避け難い面もありますが・・・

次回、宮古に参戦した時はそんな連中をブッちぎるくらいのパフォーマンスをしてみせますよ。

ドラフティング。。

初めて聞きました^^;
知りませんでした。。
勉強になります!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ