FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

今年の宮古島大会以降に
千葉県の強豪エイジさん(プロトライアスリートの友人が何人もおられる方です。)が私にこんなメッセージを送ってくれました。

「トップ選手は筋肉をゆるめて運動しているから速いんだよ」

このメッセージを頂いてから“からだをいかに緩めるか”が私の新しいテーマになっていました。
宮古島大会以降、かなりの練習量が積めたのも練習で“気づき”そして“会得”したい気持ちがあったからだと思います。

そんな中、先日スポーツの専門誌を読んでいて目に留まったタイトルが
『ちからを緩める』でした。その本の一部を紹介します。

人間のからだは、筋肉を緊張させ"力を入れる"と剛体になります。
人間のからだの70%前後は水分だと言われています。
人間のからだは、元々(ちからを緩めると)剛体ではないのです。
筋肉に、ちからを入れっぱなしでは、からだが剛体になるので連続して動きを続けることは出来ません。“連続”して動きを続けるためには『緩める』ことがどうしても必要です。
人間の感覚として『ちからをいれる』ことはすぐ出来るのですが『ちからを緩める』ことは訓練されていないのです。

どうでしょうか?
筋肉を辞書で調べてみると「収縮・弛緩(しかん)によって動物の体を運動させる器官」とあります。

筋肉の弛緩の感覚=
“ちからが入っているのか?入っていないのか?というような事を常に意識して筋肉を使うこと”をもっと大事にしていかなければいけないと思いました。

ヒントを与えてくれた強豪エイジさんに感謝です。

今日の写真;昨年の大会より
今日の練習:ウエイト30分 エアロバイク70分(30分(180w〜250w)×2セット)
      スイム1000m
関連記事
スポンサーサイト



コメント

杉○さんへ

一年と3ヶ月前にタイムスリップしました。。。。。。。。。。。。^^:

えっと本ですね。。

探しときます。。

みんちゃんも「ゆる体操」しているようです・

こうたんも今年のオフトレに取り入れます。

^^v

教えてください!

すいません、古いひとりごとへのコメントで。

「先日スポーツの専門誌を読んでいて目に留まったタイトルが
『ちからを緩める』でした。その本の一部を紹介します。」

こうたんさんの読んだ本のタイトル、記憶にあれば教えて下さい!

凄く興味あります。「ゆる体操」の本を読んだのですが、共通点がありそうで!

よろしくお願いしま~す。


シンビちゃんへ

シンビちゃん
アドバイスありがとうございます。

トライアスロンの場合ランのベストに対し、10kmの場合は3分。フルの場合は20分を加算したタイムで走れるようです。
でも私の場合はまだまだ発展途上。

緩める走法。バイク、スイムでも緩める。
面白い課題です。

どんどんはまっていきそうです。^^v


なるほど☆

緩める・・・
とても今の自分のランニングスタイルの課題です。
以前見てもらってたトレーナーさんの私のランニング姿勢に対しての評価は、下半身だけで走るから、スタミナがあっても、後半は足が上がらなくなるんだと、、、
どういうことかというと、私の今までの形は、上体はなるべくぶれないようにして、下半身を意識して、前へ前へと足を運んでいく感じでした。
でも、トレーナーさんに教わってからは、立証されたのは、あの、掛川のフルマラソンだったんですが、かなりの高低差でありながら、後半になってものぼりのペースが落ちるどころか、むしろ上がっていました。
コレは、一緒に走った彼も認めてくれましたが、その山口式スタイルは、のぼりが強いんです☆
簡単に言えば、丁度ミゾオチあたりに、パンチを入れられてる感覚で走るのです。少々前傾になるのでしょうか?これ、本当にビックリでした☆
呼吸も上がらないし、足の疲れも軽減されました。
このとき、体の力は何故か抜けているように思えます。わかりにくいかな^^;
でも、一理あると思いますね☆

Natural大好きさんへ

Natural大好きさん。
今日ね、ランの練習してたとき、Qちゃんの走るシーンを思い出したのです。
彼女って、手首がダランとなっていませんか?

力が抜けているような。。。そんなことを思い出し、
今日ランはQちゃんのまねをしてみました。^^:

お遊びで練習を楽しんでます。
15km/hのスピードでしたが、、、、^^:v



ぷりニャンさんへ

ぷりニャンさんが写真を撮る時も力を抜いて撮る。
するとまた
一味違った写真が撮れるかも^^:v

でも力抜きすぎて
、ブレないようにしてね。^^;

おもりんさんへ

おもりんさんは仕事柄、身体の事は何でも知っておられるでしょうから、またヒントを下さいね。

効率の良い運動を極める。

そのための努力はこれからも続きます。^^:v

太陽さんへ

太陽さん
私はエリートではないですよ。^^;

まだまだ私も修行が足りません。
これからも、少しでも”気づける”様に精進していきます。

共に頑張っていきましょうね!
^^v

Unknown

あ、上のコメントは、あたしです・・・。

Unknown

強い人の話は、ほんとに学びますね。
そうそう、筋肉の使い方、カラダの動かし方ができていると、長距離をらくーに行ける。
だから早い。疲れないからですね。
はい!意識しますう♪

ほぉ!

筋肉が緊張している剛体では、連続して動き続けられないのですね。
ふーむ。勉強になりました!
健康の為にも筋肉は弛緩させた方が良いと聞きますね。
血流等が良くなって、新陳代謝が活発になるとか、
体が固まってるから病気になるんだとか。

そういえば昔、肩こりで悩んでいた時、整体師の人に、
誰かに手首を持ってもらって、腕の力を抜いた状態でブルブル震わせてもらうと、すんなり力が抜けるよと教えてもらったことがあります。
やってもらったら、とても気持ちがよくなりました。
そして・・・・体って、力を抜いたつもりでいても、結構力がはいってる状態にあるんだとビックリしました。

そのうち・・^^;

そのうちに身体が理解しますように。。。
でも、たくさんヒントをいただいた気がします^^

難しいテーマ

今日のテーマは難しいですね。僕みたいなお遊びトライアスロンは好きなことしかやらず、故障や怪我をします。こうたんみたいなエリートだと色々考えながらトレーニングしてる人とは違い頭が上がりません。ブログを見て解ります。今日のテーマも今後本格的にデビューするときには大切なテーマ。筋肉の緩め方イマイチ解らない。これは上の選手しかわからない域かも?筋肉を緩めて望むと素人アスリートにはゆっくりレースするしかないような気がする。強豪の人たちはそれだけ特訓してるので理解できるような気がする。僕も環境が整ったらその域に入りたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ