FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

今日は”ハンディキャップを乗り越えて”と題して、徳之島大会の制限時間1分半前に見事ゴールした青年について綴りたいと思います。

彼の名前は坂○翔生さんです。
生まれつきハンディのあるこの青年は今年20歳になりました。
父親の顕○さんと共に各地のトライアスロンに出場されています。

私は偶然にも同じ民宿でこの親子と対面しました。

民宿には突然テレビカメラを持った取材陣が入ってきたり、シンガーソングライターの古代誠さんや、俳優の峰岸さんなども激励に来たり、とにかく民宿は盛り上がっていましたね。。

過去2回共、途中リタイヤしていた親子。
今年は例年より練習を積み大会に挑まれたようです。

そしてハンディを物ともせず見事完走!

民宿での打ち上げ時
自らの意思で「又来年も完走したい」と抱負を語っていたのがとても印象に残りました。

今日の写真は彼を中心に民宿の前で記念撮影したものです。

翔生さん。本当にお疲れ様でした。
そして感動をありがとう!

今日の写真:翔生さん(最前列中央の男性(帽子とサングラスをかけています)
と同じ民宿のアスリートさん達
今日の練習:ラン8km スイム1500m
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ぷりニャンさんへ

勿論ですよ。
コメントでピンときますもん!!^^v

ビンゴ!!

Unknown (Unknown)はぷりニャンでした。
( ^ ^ゞポリポリポリ.....

さすがこうたんさん、いい勘してらっしゃる!

誠さんへ

誠さん
私も同感です。
本当に心からそう思えてきますよね。これからももっともっと感動を味わいたいです。
共に味わって行きましょうね

かいかいさんへ

かいかいさん
その後の具合どうでうすか? 
このコメントからは復調の兆しがまだという感じですね。うーん 残念!!
故障部位以外でやれることを少しでも継続してね。
以前も伝えたかな? 私も一度ハムスの肉離れで思うような練習やレースが出来ないことがありました。確かに辛かったです。

でも、目標は見失うことはなかった。
かいかいさんの言う「ライン」は気持ち次第だと思います。元気出してね! 滋賀からエールを送ります。

「応援していますよ。そしていつでも相談に乗りますからね!」


はま~ちゃんへ

はまちゃん
その通りやと思います。
健常者であることの幸せをもう一度再認識させてくれた翔生さんとの出会いでした。

彼は古代さんのコンサートで彼地自信が壇上に立って、踊ったり、歌ったりして会場を盛り上げてくれました。

共に頑張っていきましょう。
疲れを明日に残さない練習方法を身につけて行きましょう。
ジムに行くのがまた楽しくなってきたよ。。!

ぷりニャンさんへ

このコメントはぷりニャンさんかな?
どうもありがとう!
彼自身から「来年も完走したい」と言う言葉が身に染みました。
純粋な心から発した言葉だと受け止めました。
こんな出会いもこの競技をやっていたからこそですよね。
本当にトライアスロンをやって良かったと思っています。


こまいぬさんへ

こまいぬさん
本当にそう思いますよね。

今日の練習も気持ちのいい汗を流す事が出来ました。
翔生さんに感謝です。


シンビちゃんへ

シンビちゃん
今日のおもりんさんのメッセージに対する私のコメントにいれていますが私も少しだけハンディがあります。

でもそれはちっぽけなものです。

そしてトライアスロンを始めたきっかけは今日の太陽さんのメッセージに対するコメントに入れていますが、
片腕の無い人がアイアンマンを完走したのをテレビで見たからです。

衝撃的でした。

その日から自分自身が変わっていったことは間違いないです。

自分で決めたことを強い信念でもってやり遂げる。

この事を考え始めた頃から自然にポジティブになれる自分がいました。

自分に強くなれれば、他人に優しくなれると思います。

トライアスロンはそれを教えてくれました。

シンビちゃんの強い志に刺激を受けて、また今日もいい練習が出来ました。

応援しています。

そしてシンビちゃんとロングの大会で共にスタートラインに立てることを夢見て私は精進し続けますからね。。!



替玉王さんへ

替玉王さん
柳川さんはパラリンピックで金メダルえを取られた方でしたよね?
アイアンマンにチャレンジするその精神に感動しました。

ハンディを背負った方々の勇姿を拝見していると、
ネガティブになることがなくなりますね。

“ポジティブに生きる”ということを無言で教えてくれますね。!!!


ヨッシャさんへ

ヨッシャさん
彼は純粋にトライアスロンが好きなんだと父親から聞きました。

なんとしても徳之島のタフなコースを走破したい。
そんな強い気持ちがゴールまで導いてくれたのでしょうね。

純粋にトライアスロンを好きだと言える。

私は彼にエネルギーをもらえたような気がします。


Natural大好きさんへ

Natural大好きさん
本当に健常者の方が普通に練習やレースをこなしていらっしゃると見慣れてしまうかもしれませんね。

初めて宮古島に出場した3年前、最終のランで東京在住の古○さんに追いついた私は、鳥肌を立てながら走ってました。
ハイテクの義足で戦うアスリート。

この方とは折り返し地点まで、並走しました

そしてその折り返しで彼は義足をつけている部分の化膿でリタイヤされました。

アワードパーティで再会した時、「あなたと並走できたから折り返しまでいけた。歩調があったあなたのお陰です」といってくれました。

今でもあの言葉は忘れられません。

そしてこれからもすっと忘れることはありません。

おもりんさんへ

おもりんさん
その方は今年完走できたのでしょうか? 
大会前に一度拝見したような気がします。
私は左足を幼い頃に大やけどして、右足より1cm短く、指5本共が地面に着きません。

その影響で左足で地面を蹴る時は母指級が中心です。

ジムで使用しているトレッドミルは歩幅が出るのですが、右足より常に10cmから15cm歩幅が短いんですよ。

右足と同じように歩幅が稼げるともっとタイムが上るのにとか、汚い足と言われたこともあり悩んだ時期もありました。

でも、もっともっとハンディを背負った方が前向きに生きる姿を拝見すると、自分のことなど「これくらい」と思えるようになれたのです。

そんな方々の勇姿は真に感動を与えてくれます。これからもずっと。。。!

太陽さんへ

太陽さん。実はよく聞かれる事なのですが、
私がトライアスロンを始めたきっかけというのは左腕の無い方がアイアンマンで完走されたシーンを見たことからなのですよ。

その方は片腕だけで3.8kmを泳ぎ、義手をつけて180kmのバイクに乗り、そしてランではまた片腕で走りきったのです。

感受性の高い私は涙しました。 
衝撃的でした。
全身に電気流れたような気がしました。

翌日、自転車屋さんに行って「トライアスロン用のバイクがほしい」と言って注文しました。

人の頑張る姿に感銘を受け、刺激をもらい そして自分もモチベーションを上げていく。

素晴らしいことですよね。 

私もそんな頑張る人を見たり、応援するのが大好きです。

感動です

自分と歳が変わらないのにこれだけ強い意思をもってるのは尊敬できるし、刺激にもなります。
トライアスロンという競技に出会って本当によかったです。

弱さ。

弱さって甘えからくるんですよね…。
最近の私は「弱さ」と「限界」の境目を見失いつつあります。
痛みを堪えて練習するのは弱さどうこうではないのに、無理にやってしまうと嫌悪感が生まれる。そうすると「弱く」なってしまう…。
どこで何を止めるのか。自分なりの「ライン」をみつけられる根気が必要ですね!

しんどい。。

身体がしんどいなんて甘えたことゆうてたら駄目ですねぇ~~。
うぉ~~~~~!!

Unknown

何かに挑戦することって、成功しようが失敗しようが
得るものはあると思いますが、
それを続けることって、大変だと思います。
今年はこの方、完走されたんですね~~
おめでとうございます~~
きっと得たものはとても大きいでしょうね!
来年も再来年も・・・・・頑張っていって欲しいと思います~♪

おめでとうございます

とうとう徳之島も完走・・すごいことです

こういう人たちが頑張っていることを知ると、私たちの練習の励みにもなります

おめでとうございました

こうたん兄さん!

シンビが、今の自分における状況下で愚痴らずにやっていこうと決めたのは、そういう、上には上がいる!ということを実感したからです。
世の中には、満足にやれない人、たくさんいらっしゃいます。それでも、健常者よりもそういう方たちのが、やはりメンタルは強いです。
きっと、下を充分に見たからなんでしょうね。。。
後は上に這い上がるだけですから☆
私は負けません!自分に強くなりたいです!
今日の日記で、少々そのことに触れていますが、今シンビは、チョット本気でやってみよう!というカテゴリーが自分の中で出来ています。
私、頑張ります!
こうたん兄と同じ舞台に立ちたい!

盲目の柳川さん

五島のアイアンマンに盲目の柳川さんが見事に完走されてましたがやはり尊敬するアスリートの一人です。

これもすごすぎる。。

モチベーションは半端じゃないと思いますが、ハンディキャップがある中での練習、ほんと大変だったと思います。本人を支えるご両親も。しかも、過去2回リタイアの経験もあって。。でも、そこまでしても、トライアスロンに立ち向かっていったのはなぜでしょうか。。

見習わなくては、、、

Unknown

 私も、練習している仲間に、片足義足なんだけど、健常者と同じレースで同じ条件で、ハワイにまで行った人がいます。この人も有名で、テレビの取材がかなりありました。冬まで泳いでいたスイミングスクールには、やっぱり、両足義足(両足とも、足が生まれつき短いんです。)の人がいて、この人もアイアンマンでした。
 
 私の身近の彼らは、運動神経も抜群でかなり早いので、見慣れてしまうと感動はないんですが、考えてみると、凄いことですよね・・・。

すごい!!!

メディカルボラで体育館待機時、両足義足の
方がいました。。。。。。
すごい・・・としか表現できませんでした。。

頑張り

トライアスロンを始めて3年が経ちます。この3年間でいろんな人から頑張りを見て吸収して今の自分があります。どんなことでも頑張る姿は美しいです。人の頑張る姿、大好きです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ