2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
皆さん今日も先ずは1クリック応援からよろしくです。 下の絵を1クリックして戻ってきてね。

(スマホもOKでーす)^^v

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


さあーっ! お待たせしました!

って待ってないか^^:




先ずはちょっと話を戻してスイムをスタートして約30秒後

私はここです。^0^v


来年、日本人この辺りに集中したりして。。。^^:



6CAC57609110D80860FB422D0A715AB911.jpg 



では

いよいよバイクレグです。


相変わらずの誤字脱字は笑ってスルーしていってね~^^:

 


ハワイアイアンマンは高齢に配慮してるんですよ~


年齢が高い程、バイクスタートラインが近いんです。

(移動距離はみな平等ですよ)


B9A3E44AB2272A8A6FA2072C3E983BE3_20141028192901d76.jpg

 

何にメリットがあるか?


「一緒ちゃうんかいな?」と思うでしょうが

 

バイクラックから乗車ラインまでバイクを押していく距離が短いんです!^^


これだけでもお得!^0^v

 


ちなみに

バイク終了時は降車ラインでボランティアに預けるだけでいいしね。(これもみな平等^^:)

 

 

てなことで、

直ぐにバイクに飛び乗り、キンカメ前とシーサイドホテル前を通過していく。



先ずは左折して右寄りに走りながら、バイクシューズに足を通していく。



84426BE2A7D71E253CEE668B6F037660.jpg

この時が最も気を使う場面。^^: ここで焦っても仕方ない。安全に、そして確実にシューズを
履く。

 

その後、クイーンKハイウエイに出ると、既に最初の折り返しから戻ってきているトップエイジを目の当たりにする。速すぎるし。。。

 



で、メインストリートに戻る下り坂を一気に下り、OUT
INOUTでコーナーを抜けていく。



この時のスピードが他の選手よりも目立っていたのか?

 

Ironman.com 140秒の動画にこうたん登場している。^^(チームメイトが見つけてくれた。)

 
10372201_566611343470228_2920615781328190351_n.jpg 



10473350_609083642535228_1474049387484120879_n.jpg 







前を見ても、後ろを見てもアスリートだらけ。。。^^:

 

ここは道幅も狭く集団になってしまう区間。

接触、転倒のない様に、

そしてスイムから上陸した後の身体の状態を確認しながら駒を進めていく。

 
72E6CB6529136B9C3F3F5BF0BC77C4DD.jpg

その後、シーサードホテル前まで帰ってきたらクイーンKまでの登りをダンシングで登っていく!!


日本人が沢山応援してくれている。



本当にありがたい!(応援してくれた皆さん本当にありがとうございました)

 

そしていよいよクイーンkハイウエイに入る。


696A1FD5937A5A390517EA2C6F8B87C4_20141028192646c7b.jpg 



ここから長い旅が始まっていくのだぁ~!

 

 

続く!





にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!! 是非ワンクリック応援よろしくお願いします。


 




関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ