FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
  
  ↑  

皆さん先ずは1クリック応援からよろしくです。 上のマークを1クリックして戻ってきてね。読み逃げは駄目ですぞ~!^^



今年の初戦から使っている幅25mmサイズのタイヤ!


ホイールを変えたくらいに感じた高速での安定性(スピードが持続する感覚)

あの感覚を覚えてからはもう23mmは履かないと決めた。^^:


勿論10月のハワイアイアンマンもこれで戦う。


僕が使い出した頃

従来の23mmと25mmでは転がり抵抗は増すのでは?という意見が多かった。


そこで

今回はある文献を引用させてもらう。



 11791612_737289253047999_904569354_n.jpg

11721766_737289256381332_7022663_n.jpg 


タイヤを選ぶ際に重要な要素である転がり抵抗の違いについて23C25Cではどのように違うのか、またどちらの方が転がり抵抗が少ないのか?

抵抗が大きくなる要素

どのような状態だと転がり抵抗が大きくなるのか?そもそも転がり抵抗とは、その名の通り、タイヤが転がる時に発生する抵抗のことです。

この抵抗が大きければ大きい程、タイヤから地面に伝わるエネルギーがロスして、早く走れないことになります。

転がり抵抗が大きくなるのはいつか?


それはタイヤが大きく変形した時です。

考えてみれば簡単なことですね。空気が抜けた時のタイヤでの巡航を考えてみて下さい。

潰れたタイヤでの進みにくさ、ペダルの重たさは想像するのが容易だと思います。


23C
25Cではどのように変形が違うのか。


何も負荷がかかっていない状態だと、もちろんタイヤは丸いです。しかし、人が乗ることでタイヤに重量がかかります。それにより、タイヤを横から見た場合、つぶれるように変形します。


ここで参考になる資料があります。




a_20150723204858b51.jpg 

上記の記事と下の画像のように、一見、23Cよりも25Cのほうが地面の接地面積が大きいような気がしますが、実は面積的にはあまり差がありません。


横幅は25Cのほうが広いので、23Cよりも横面積が大きくなるのは当然です。

しかし、23C25Cよりも縦方向にも接地面積が伸びています。これはつまり、23Cの方が変形が大きいということです。

これはあくまでも同じ空気圧で走った場合の測定値です。


つまり、同じ空気圧で走った場合、23Cよりも25Cのほうがタイヤの変形が少ない(つまり転がり抵抗が少ない)といことになります。


結局は空気圧次第


同じ空気圧であれば23Cよりも25Cの方が転がり抵抗ので、素直に25Cにすべきか。

これは難しい選択だと思います。


クッション性やグリップが欲しいため、あえて空気圧を小さく設定する場合もあるでしょう。

ただ、同一空気圧で同一体重であればタイヤの変形が少なく、転がり抵抗が低い(=高速巡航可能)という

データに基づいて、徐々にプロレーサー達の間でも25Cの使用率が高まり、一般的にも25Cのロードバイク

タイヤが普及してきた、という流れが生まれたように見えます。


結果として、途中の理論はすっ飛ばして「25Cの方が転がり抵抗が少なくてよい!」という流れが主流に

なってきた現状があるのでしょう。


タイヤの幅が大きくなれば大きくなるほど、重量は増すので、加速は遅くなるかもしれません。ただ、スピー

ドに乗った後の転がり抵抗が23Cよりも低いことを考えると、

やはり25Cタイヤは大いにメリットがあるタイヤだと思います。




 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  



 





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ