2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
  
  ↑  

皆さん先ずは1クリック応援からよろしくです。 上のマークを1クリックして戻ってきてね。読み逃げは駄目ですぞ~!^^


12404620_799106356866288_2122968695_n.jpg

 

知っている人はスルーしてや~

 

 

 

僕は普段の練習タイヤははWO(パナレーサー)を使用しているが、決戦用はチューブラーだ

 

現在コンチ25mm幅のタイヤを愛用中

 


14年間の競技の中で、レース中にパンクに見舞われたのは
ラスベガス70.3世界選手権の1回だけ

 
このレースを最後に現在はパンク防止剤は使用していない

 


そこで

万が一パンクしても、最短でタイヤ交換出来る秘訣をお伝えしておこう。

 


□パンク防止剤未使用

□チューブラータイヤ

 


が条件ですぞ!^^

 


パンクした時に一番時間を費やすのが、ホイールにこってり貼りついたタイヤを剥がす事!

 

指紋がなくなりそうになった人もいたんじゃない?^^:




僕のお勧めは

カッターを使ってタイヤをホイール面に対し縦方向に切り裂き、その部位から一気にめくり
あげていくものだ。

 


タイヤレバーなんて必要なし。

 

そしてスペアタイヤは新品ではなく、キズのないまだ使える古いタイヤを使おう


そのほうが簡単にホイールに装着出来るからね。

 


ディームリム(フロント、リア)の高さにも対応出来るアジャスターを予め取り
付けておくこと。

 

そしてカートリッジは調整できるタイプを携帯しておこう。

 

(ボンベに穴をあけた瞬間に一気にはいってしまうタイプはお勧めしない、

慌て
ているので失敗する可能性が高いから)

 


因みにカッターは100
均ので十分

 


小型のタイプでスペアタイヤの中に仕舞い込んでおけるので十分だ。


但し、カッターが落っこちないようにビニールテープなどで止めておこう。

 


どうだ?


これで安心でしょ。


でもないか。。。^^:

 

IMG_5118.jpg   

 




 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  



 





関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ