2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
  
  ↑  

皆さん先ずは1クリック応援からよろしくです。 上のマークを1クリックして戻ってきてね。読み逃げは駄目ですぞ~!^^





su_201601131746589bd.jpg 

HUUB Archimedes II Triathlon Wetsuit

 

待望のHUUBがスタイルバイク様から届いた。


http://huub.jp/
 

長く愛用してきたOrcaのウエットスーツ

 


6年近く使ってきたかな?^^:

 

 

僕はオーダーで無くても全く問題ないと思っている

 

一番最初はオーダー(シロモト)したけど、それ以降は全て既製品

 

 

因みに今回のサイズはSTです。 


2016初戦のNZはこれで戦う!!!

12540205_810909912352599_480814712_n.jpg

 

 

以下メーカーより抜粋

 

Description

「ウェットスーツを着用していないような感覚で、最速を生み出す」

アルキメデスシリーズはHUUBの特性が活きたウェットスーツで、最上位モデルのウェットスーツです。

前身モデル「ARCHIMEDES」に改良が加えられ、更に進化した「ARCHIMEDESⅡ」が今年新登場。水泳時の動作や筋肉の使い方にも着目し、ウェットスーツではないような着心地と効率的なパフォーマンスをサポートできるよう研究された設計です。

 

Flexibility-柔軟性

 ARCHIMEDESⅡは、サイド、バック、肩周りのネオプレンの厚さを25%削減。厚さ1ミリのクロロプレンフォームと、最も柔軟性に富んだライニング(裏地)素材を使用しています。下腕のマチ部分には、細部にまでこだわったリサーチと分析を元にスティッチの位置が決められています。厚みが削減されたラテラルパネルにはとても柔軟性に富んだ素材を使用し、「まるで着ていない感覚」を生み出します。今シーズン用に改良されたデザインと素材は、より少ない労力で伸びの動作を可能にしました。

 

Non Suit Feel-スーツを着ていない様な感覚

2年間にわたり「スーツを着ていない感覚」を求めて試行錯誤してきました。この感覚的な基準値の決定には、あるITUアスリート達の評価により支えられています。

Richard Varga (スイムNo.1トライアスリート) ---- 「柔軟性に長けたウェットスーツを着用しているという認識の中でも、柔軟性に富んだスイムスキンを着ている様に感じる。まずそのスピードが証明してくれているが、ただウェットスーツを着ていない様な感覚、という次元ではなく、今までに体験したことのない様な”何か”を着ている感じ。」

 

Improved Efficiency-進化した効率性

X-OスケルトンはHUUB独自の強みでもあり特長です。水泳時の抵抗に関するリサーチを反映させ、効率的かつ正確な測定結果をテストし、プロダクトに活かしているのもHUUBだけです。水泳時の抵抗力測定(Measurement of Active drag /M.A.D)は、スイム時のアスリートに何が起こっているのかを示し、最も正確で信用に値するもので、HUUBのプロダクト開発にも採用されています。X-Oスケルトンは身体のブレを軽減させる構造をしており、骨盤や臀部を固定してくれます。水泳の動作研究の第一人者であるフーブ教授協力のもと研究を重ねた結果、ストローク効率化の秘訣のひとつとして「ボディコントロールによる水泳の効率化」にいきつきました。ARCHIMEDESⅡのX-Oスケルトンは、80%のコントロール力アップが見込まれています。

 

Calf Release? and Bicep Release?-カーフリリースとバイセップリリース

Calf Release?(カーフリリース)はふくらはぎ部分に配置されたパネル。本来の身体の自然な動きを妨げないよう、1ミリ以下の厚みの極薄ナイロンを使用。締め付け感を抑えることで筋肉のリリースを可能にし、キック力増強につなげます。また、スイムとトランジッション時のケイレンリスクを劇的に低下させます。 Bicep Release?(バイセップリリース)は上腕部に配置されたパネルで、スムーズかつ効率的に水を掴む動作を行えるよう設計されています

 

ローネックライン-Low Neck Line

最も快適な首回り設計、それは折り返しや縫目のないネックライン。呼吸や柔軟性に悪影響で締め付け感のある首回りではなく、シンプルながらも効率的なデザインに仕上げています。




12506989_810909935685930_1397201201_n.jpg 


12515981_810909929019264_26005349_n.jpg 

12515981_810909919019265_1876693699_n.jpg


  

  
 


 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  



 





関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ