FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと


今日は午後から大阪に出張だったのですが、
出張先では会話が弾むスポーツ好きの方との面談でした。

本題に入る前にお互いの近況報告。
その方はランニングがとても好きな方で毎年10レース程(5kmからフルマラソン)出場されています。

今年の戦績などを話し始めると、お互いの顔が緩み自然に微笑みながら話して込んでしまってます。

そんな中、その方はこんな質問をしてきました。
「私のフルマラソンのベストは3時間40分。
この時間でもとても長いと感じる時がある。
なぜ9時間も10時間もかかるスポーツが出来るのかね?」

私はこう答えました。

「スタートしてゴールテープを切りに行くまでの過程に沢山楽しみがあるからです。
それは時に、レースに出るまでの練習そのものであったり、その練習からレースに至るまでのプロセスであったり。
また仲間とのふれあいであったり、新しい出会いであったり。
そしてゴールテープを切った先にある新しい自分に出会えたり出来ること。。
いろんな事が経験出来る。
だから距離が長くても楽しめるものなのですよ」。。と

するとその方は
「なるほどね。。。距離や時間が長くなればなるほど人生観を持つことが出来そうだね短い距離でもいいから一度チャレンジしてみようかな?」
と言ってくれたのです。

何年か先になるかも知れませんが、そんな気持ちになってくれただけでも嬉しかったですね。

無事に仕事を終え、自宅に戻った私はその方との会話を思い出しながら、そして
南国の曲を聴きながら外気温7度の中、21km走を実施しました。

さて明日の仕事を終えるとまた3連休です。^^v

今日の写真:南国より
今日の練習:21km走
関連記事
スポンサーサイト



コメント

いぬゾウさんへ

いぬゾウさん
ご無沙汰しています。
どうですか?体調の方は

私はリセットできましたよ。来年に向けて
がんばり始めています。

パソコンバックアップしてなかったのですか?
私も一度パソコンが壊れてデータが消えてしまったことがあります。
それからはバックアップは欠かせません。。

またこれから新しい青春を残していってくださいね。。



おもりん^^

おもりん^^
はい今日も7度の中、走ってました。
明日からは別世界です。
きっと私だけ、真夏の格好をすると思います。
よろしくおねがいしますね。^^

楽しむコツを伝授します。
きっとおもりん 喜ぶと思います。

かいかいさんへ

かいかいさん
共通の話題は 無限に続きそうです。。
競技中は確かに苦しい局面もあります。
でも辛抱の後に待っている物は何倍にも膨れあがっているものなのですよね。

”絆”これからも大切にしていきたいですね。

共感

とてもいい話ですね。
そして、こうたんさんの思うところに共感します!
パソコンの調子が悪くなり、数日間何もできない状態でした・・・。
結局リカバリーしたので、バックアップしていないデータが消えちゃいました・・・。トホホ・・・。

7度^^;

寒そうですねー(><)
身体に気をつけてくださいねー!

距離が長くても楽しめる・・ってすごいです。。
そんな気持ちになりたいです

共通のもの

を通じて会話が弾むのはよくあることですが、一般的に「しんどい」と思われていることを共有する者同士、特殊な絆を感じますね♪
その「絆」がクセになってここから抜け出せなさそうです☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ