FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
  
  ↑  

皆さん先ずは1クリック応援からよろしくです。

1257_043547_20160309221405762.jpg 



本当に奇跡が起こったレースだった。。。



ではラン後半、、、どうぞ~




これを誤魔化すためにはスピードを下げるしかありません。ここからが我慢のレースとなりました。
キロ5分を少し超えるくらいでキープしていましたが、35km地点で両足の殆どが痙攣を起こし緊急停止。
暫くの間その場から移動すらも出来なくなりました。

でもここで冷静になれた自分がいました。
これまでの辛い練習に耐えてきたこと。そして痙攣が起こったときの対処方法を思い出し時間をかけてゆっくりと走り始めました。
走りながらもピクピクと小さな痙攣が襲ってきましたが、なんとか走り続けることに成功
残り3.5kmはまた5分ペースまで回復することが出来ました。

そして3周回を終えた後は残り500m程でゴールです。
ここまで来ると、いつもの様に奇跡が起こります。
今までの痛みなどが全て消えていく。
痙攣までも。
本当に不思議です。

ガッツポーズを何度も取りながら、エイジ順位など全く分からない状況の中だったけど最後まで自分の走り、攻めの姿勢を貫けたことが何より嬉しかったです。

バイク終了時点では“サブ10”も可能と一瞬頭をよぎりましたが、10時間8分でのゴールはアイアンマンディスタンスではPBを出せました。

ゴール後、仲間たちに速報を聞くも、データがフリーズして更新されず、やきもきしていましたが、エイジ4位であることが分かった段階でなんとかハワイは取れたかな?と安堵の気持ちになれました。

諦めずに最後まで走りと通して良かった。



レースは何が起こるか分からないけど、


最後の最後まで自分を信じることが出来たのは


“辛い練習に耐え抜いてきた自分を知っているかどうか”で分かれるものだと思えたレースでした。

 1257_045716.jpg 



run5_2016032110214058f.jpg 








run2_20160321102136057.jpg 





1はスタート後、ラン序盤は高めだが、徐々に下がり安定している。


2ハーフを過ぎた辺りから小さな痙攣が発生し始めた。一度ストップしストレッチした為、心拍が下がっている。



run21.jpg 






3一旦下がった心拍はまた基に戻るくらいペースも安定していた。

4しかしまた徐々にペースを落とさなければならない状況に、


そして完全ストップする場面もあり、心拍はかなり落ち込む


5奇跡の復活


この5が無ければ。。。。。。


ハワイのスロットは取れていない。


run22.jpg 



1257_061549.jpg







  ↓1クリ 1クリ


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ 
にほんブログ村



  



  


クラウド
  

  

  

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ