2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
  
  ↑  

皆さん先ずは1クリック応援からよろしくです。 


20160418132403335.jpg




アイアンマンNZと宮古島の連戦を終えた今感じる事。




流石に1クリ多かったよ~!


ありがとうさんです。


ブログアップを1日一回に切り替えたから、今日はこの内容に入っていく。


長文にはしないから安心してね~




僕は疲労骨折を経験した2012からの4年間は全く故障などしていない。


(但し今日まで練習中の”怪我”は2度ある。ラン練で転倒1回、バイク立ちこけ1回)




この教訓を活かしてきたといっていい、同じ経験は二度としたくなかったからね。



では


何をしてきたのか





それは


身体をしっかり作り込むベース期を疎かにしなかったということ。



ピラミっドで例えると底辺の部分だ。


この土台がしっかりしていれば、その後の強化期や鍛錬期も乗り越えられる。


但しこの強化期や鍛錬期でも、決して無茶はしないようになった。(これも大切)




しかも

6週間でロングを連戦を可能にした理由も、このベース期のトレメニューを中心にコンディションを整えただけなのである。


負荷はゾーン2レベルだ。


身体の回復を優先しつつもパフォーマンスの低下を最小限に抑える。


苦い失敗は、こつこつ続けてきたトレーニング日誌が教科書になるというもの


練習メニュー

コンディショニング

ピーキング


自分に合うものを自分で見つけ出す。


これを考えるだけでもスポーツは面白いと思うし、3種目も考えられるトライアスロンはもっと面白い!


だから僕は


トライアスロンを飽きる事はないのだ!^^


続く!



(あっ、長文になっちまった?ごめん^^:)

P1080005_20160503090624ff2.jpg  




  ↓1クリ 1クリ


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ 
にほんブログ村



  



  


クラウド
  

  

  

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ