2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


PowerBar


Topspeed


astavita


サクセススタイル


STYLEBIKE


Run Design


FOOTMAX


TRAN


UNICAL


HUUB


2XU


谷口メディカルコンディショニング


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


amazon


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
  
  ↑  

皆さん先ずは1クリック応援からよろしくです。



柔道家 野村忠宏

 

3歳から柔道を始め、ようやく奈良県大会で初優勝できたのは高校3生の頃.なかなか勝でなくても努力を続けてこられたのはなぜか.

試合前には不安と恐怖でほとんど隠れなくなるほど、実はかなり臆病であるという野村.

どのようにプレッシャーと闘い、大舞台で勝つことができたのか

五輪三連覇の偉業を達成した後、さらに北京での四連覇を目指す中、右ひざの靭轡断裂という選手生命をも脅かす大きなケガを負う.

試練を乗り越え、北京、そしてロンドン五鎗出場に向けてモチベーションを保ち続けられたのはなぜか.

北京、ロンドン五総出場は叶わなかったが、40歳まで現役として挑戦し続けられた理由とは.

 

 

□勝てなかった自分を振り返る。

 

*大学1年まで無名選手、高校で県体1位になるもインターハイでは1回戦敗退

*練習は何のためにやっているのか?を真剣に考えて無かった。

*一生懸命練習はしていた。でも一生懸命だけだった。日々の練習のノルマを消化するだけだった。

*一方で伸び伸びと柔道をさせてくれていた父や祖父がいた。だから柔道は大好きだった。

 

□大学2年での転機

*恩師の言葉(助言)によって身になる練習への意識改革が出来た → 練習に対する姿勢の変化

*苦しさの先にあるものを自身で感じれるかどうかが、、、トップアスリートと一般の選手との分岐点になる。

*意味のある練習と質の高い練習→勝つための質の高い休息

 

*練習姿勢を変えて半年後に学生チャンピオンになり、2年後の初のオリンピックで金メダル

 

 

 

□トップアスリートとは

*強く、大きな“心”が必要 

*常にチャレンジする姿勢 

*孤独に勝つ

 

 

 

□指導者への助言

*無駄な練習をしていないかを見極めて的確な指導を心掛ける

指導に意味ある言葉を付け加える→やるきのスイッチを自ら押せるように導く

*人間の本質=遊び心→脳の発達に役立つ!

*自由に伸び伸びとさせる→技をかける感覚を楽しませる。





  ↓1クリ 1クリ


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ 
にほんブログ村



  



  


クラウド
  

  

  

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  








スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ