2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
  
  ↑  

皆さん先ずは1クリック応援からよろしくです。



先ずは

 

鏑木選手に直接質問した内容は1クリが伸びなかったので封印~残念!

 

 

では次の内容


 

吉田鍼灸院院長の講演(休養とケアとコンディショニングについて)

 

 

高強度トレーニング、レース後の回復にどれだけの時間を要するか?

 

指標にもってこいなのが起床時心拍数管理

□疲労が残っていると5-10bpm高い

□レース後2日目が最も高い傾向

□完全回復には10-14日は必要と思うこと。

 

 

その他の内容

 

□内臓疲労は筋肉痛の倍かかる(トレイルラン、トライアスロン(フル)は3週間と考えよう)

□レース後7日間のケアが大切。(次につなげる体のケア、コンディショニングを行うこと)

□怪我や故障をしてから整骨院や鍼灸院に来る選手が今でも全体の60%も、ケア、コンディショニングに来る選手はまだまだ少ない!

 

 

 

*もし怪我や故障をしてもモチベーションを維持出来る選手は強い!!

 

 

この講演を聴いて、自分を当てはめてみた。

 

 

起床時心拍を指標にしている。

回復には2週間以上かかると思っている。

怪我や故障してなくてもしっかりケア、コンディショニングを行っている。

内臓疲労の事も考えている。


 

おーっ!

 

やってるね~ ^0^!!!






  ↓1クリ 1クリ


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ 
にほんブログ村



  



  


クラウド
  

  

  

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  







関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ