2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
  
  ↑  

皆さん1週間頑張っていきましょう!
ワンクリック応援よろしくです。





Ironman World Championship2016まであと26日

体調もよく心臓も安定している日が多くなってきた。

この土日だけでバイクは240km 

走れた事だけで嬉しかった。(^ω^)


さて

今年のkonaではPanaracerを使うと既にお伝えしているが、

Panaracer様との情報交換で沢山のアドバイスを頂いている。

https://panaracer.co.jp/

で、KONAの路面状況を伝え、最も軽量タイプのRACE L EVO3の23Cを装着する。

25Cではなく23Cにした理由は、GOKISO完組のホイール自体が23Cのタイヤを装着しても25C並に広がる設計になっているとの説明を受け(GOKISO開発者との面談で聞いている)あえて23Cにしたのである。


https://panaracer.co.jp/lineup/road.html




以下panaracer様のアドバイス抜粋


まずバイクパートでの「L EVO3」タイヤ選択の件ですが、これは「路面」と「スキル」に影響されます。
と言いますのも、「L EVO3」は軽量で加速性が良いメリットがある反面、デメリットは「サイドカット」と「リム打ち」です。
このサイドカットとリム打ちは、「路面を読む」ことや「脱重」などのスキルによって回避できるケースが多いのですが、
このメリットとデメリットを、使われる方がスキルを踏まえて天秤にかける、と言うことになりますね。

日本の路面は世界の中でもかなり良い方ですが、海外は路面の悪いところもありますので、
例えば、世界選手権予選のあるNZのコースがどの様な路面かわかれば判断しやすいと思います。

あくまで個人的な見解ではありますが、海外であってもトライアスロンの場合、
欧州のロードレース程の荒れた路面は無いと思われますので、「L EVO3」でも問題ないと思います。

ー以上ー


パナレーサー株式会社様は2016年4月より完全にパナソニックから独立している。

今後も継続して提供して頂けるか不透明ではあるけど、精一杯戦う姿で何かが伝えればと思っている。

スタートラインに立つ日まであと26日!!!




最後まで読んで頂きありがとうございます。ためになる情報も頑張っいきます。
応援よろしくです。(^ω^)
  ↓1クリ 1クリ


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ 
にほんブログ村



  



  


クラウド
  

  

  

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  








関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ