2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

うーん 読み逃げが全く止まらない~  是非1クリ応援よろしくです。期待してます!^^



ハワイアイアンマンからもう一ヶ月が過ぎようとしている。


ランキング1位はⅠヶ月もたなかった。^^:


でもこれからもRoad to Konaの話題を中心に綴り続けていくよん!^^v



IMG_9050.jpg 





さて


11/17日

Onから新モデルが出る


その名はクラウドフロー


更に進化したシューズを一日も早く履きたい!



カラーリングも最高!


楽しみです^^


m1_20161106200352e5f.jpg 

https://www.on-running.com/…/produc…/cloudflow-spice-flash-w



・クラウド: 着地の「フワッと感」が比較的長く続き、その後、圧倒的な軽量性を生かして軽快に前に進める。

・クラウドフロー: 着地の「フワッと感」がクラウドよりやや短く、着地の直後、ローリングするように「グッ」と前に押し出される。

クラウドの圧倒的な軽量性は、普段履きからレースまで幅広く使えるのは実証済み。クラウドは、「世界最軽量のクッショニングシューズ」とまで言われている。そのクラウドのパフォーマンス色をより濃くしたのがクラウドフローと言える。

クラウドサーファーでランナーから特に好評なのは、「包み込むようなアッパーのフィット感」「高速走行時のサポート感」だ。二重構造のインナー部分がソックスのように働いて足を包み込み、アウター部分が過不足なく足をホールドしてくれる。

クラウドフローでは、このアッパー構造を採用した。これによって、クラウドに近いレベルの軽量性、クラウドサーファーに近いレベルの反発力とホールド感をあわせもったことになる。クラウドとクラウドサーファーのいいとこ取りのようなイメージだ。


Cloud_Cloudflow_comparison_1.jpg



m7_20161106200354a2c.jpg 



m4_2016110620034458d.jpg 




m3_20161106200343e35.jpg 



m2_20161106200342914.jpg 



m1 




最後までありがとう。是非応援してね!
  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。



  

5Dカーボンシートブルー 152cm×30cm 4Dベース 艶あり青 [並行輸入品]








関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ