2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


PowerBar


Topspeed


astavita


サクセススタイル


STYLEBIKE


Run Design


FOOTMAX


TRAN


UNICAL


HUUB


2XU


谷口メディカルコンディショニング


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


amazon


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。


12348334_792548184188772_1275286724_n_20170214194433c23.jpg

 

 

僕は中学時代から社会人まで卓球一筋だった。

 

全国に安定して名を残すまでには至らなかったが、


この時に培った根性や集中力は、今夢中になっているトライアスロンにも活きている。

 


それなりに極めていた頃は、ピンポン玉に印字されていたマークが止まって見えたが
信じてもらえるだろうか?

(^^:




で、
その頃意識していたのが“溜め”を作る動作だった。 *(間を作ると表現を変えてもいい)

 

戻りの動作を素早くすると溜めが生まれる。


 

この溜めが次の動作に移るための準備となり、


その準備が先手
(相手からの回転数の見極め、打ち返すコース設定、球速、回転数の増減)に繋がっていくのである。

 

 

溜めを作るという表現はゴルフや野球、テニスなどでもよく使われる。

 

 
僕はトライアスロンの3種目でもあると感じている。

 


スイムならエントリーからキャッチがそれ。

 


バイクならペダリングの回転の中にある動作も溜めがあるとパワーを発揮しやすい。 


 

僕の感覚では11時くらいからつま先(親指の付け根)で前へ押し出していく意識が溜めになっている。


そして
1時から3時でパワーを発揮する。

 


ランニングであれば、着地した足を素早く前に押し出し、次の着地前に溜めを作ってやる。

 


パワーを伝える反面、脱力している瞬間もあることに気づくと高効率動作に繋がっていくと思う。



 

言っておくが、



自分は大したレベルじゃないと分かって書いているからね。


 

一連の動作でもコマ送り的な発想で考えるのも大切であるという事を伝えたいのだ。

 

 
こんな事を意識しながら反復練習するのとしないのとでは間違いなくレベルの差が現れるし、インドア練習でも飽きる事などないからね。


 

さて、ニュージーランドまでの残りの日々で、また気づきと出会えるかな?

 

頑張っていこう!


 

 sw2_201702141944325ec.jpg

 

溜め(間)を作るという動作、そして練習の取り組み方次第でインドア練習も苦にならない事が伝わりましたでしょうか?
共に気付きを追い求めていきましょう。^^


  ↓  ポチッ  ↓



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ