FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

こつこつ継続していくのに必要なことをつづりました。1クリで応援してね

 

 

 

僕がKONAを目指す理由

http://km508145mk.blog.fc2.com/blog-entry-4838.html 


 

続編

http://km508145mk.blog.fc2.com/blog-entry-4840.html 

 

 

 今回が最終編となる。


 

ハワイアイアンマンはトライアスリートの誰もが憧れる世界最高峰のレースである。


このハワイアイアンマンの虜にしてくれたのは


レジェンド高〇さんとの出会いがあったからに他ならない。

 

 

2016 KONA

 IMG_1364 (7)

 

 

 

 

表彰式から戻ったレジェント高〇さんは初対面の我々に優しく応対してくれた。

 



皆が我先と握手を求めていく。

 

そしていよいよ僕の番が回ってきた。


 

緊張してたなぁ~

 


 

「入賞おめでとうございます。高〇さんの事は以前から存じてました。


表彰台に上がる高〇さんにお会い出来て本当に光栄です」

 


 

こんな内容を告げたと記憶している。

 

そしてすぐさま高〇さんも返してくれた。



 

「室谷さんやっとKONAに目を向けたね。これからこうたんと気軽に呼ばせてもらうよ」

 


全身に電気が走った。

 


レジェンド高〇さんは既に僕の事を知っていてくれたのである。

 

しかもセントレア70.3KONAを行きを決めていた事も。

 



 

高〇さんから頂いた言葉は、今も僕を支え続けてくれている。

 

 

 

高〇さんと出会えた2012年以降、KONA予選の直接対決は3度ある。

 

アイアンマンジャパン北海道で2度(20132014年)そして2016年のケアンズで1

 



2013年 アイアンマンジャパン
P1010718_20170321195650460.jpg 


2014ジャパン
P1050228_201703211956544a8.jpg 



もちろんいつも僕は大差をつけられている。

 

NZが終わり、次のレースをケアンズに決めた。

 

このレースに高〇さんもエントリーしているのを知っていたからだ!

 

ケアンズのエントリーを終えた後、僕は高〇さんにメッセージを送った。



 
今年のGWは神奈川まで車で行き、高〇さんとバイクに乗る計画をしている。





2015KONA (一番右が高〇さん)

 

 IMG_3246_2017032120041043b.jpg






読みに来てくれてありがとうございました。モチベーションを維持するのに言葉ひとつで可能になる。それが僕の例です。


是非応援お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ