2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


STYLEBIKE


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


amazon


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと


にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。

 

**初宮古島の選手の為に紹介しています**

 13045700_867586226684967_1492356414_n_20170407201828627.jpg

今日はスイム編をお届けしていこう。

 

宮古島は一斉スタートです。

 

現在、51.5kmレースではウエーブスタートが多いよね。

 

なので、これまでバトルを余り経験していない方もいるはず。

 

しかし宮古島は覚悟しておいた方がいい。

 

5年前辺りからスタート時の幅が徐々に狭められ、今ではストロングマンテキストの17ぺージにあるように50mの幅しかない。

 

過去のテキストも50mになっていたかも知れないが、実際は100m近くあったと記憶している。

 

スタートと同時に600m先の第一ブイに対し最も離れてスタートした左側の選手は最短距離を狙って右寄りに泳いでくる。

 

一方、最短距離となる右側は、コースロープよりも更に右側を泳ぐことを禁止されているので前が詰まってくると左側に逃げてくる。

 

こうなると真ん中で泳いでいた選手も含め八方塞がりとなり、猛烈なバトルが襲ってくる。

 

実際にバトルに巻き込まれる僕が言っているのだから信憑性は高いよ。^^:

 

ここで僕のレベルを伝えておこう。

スイムコンディションが良いと100mは1分40秒ペース前後が僕の実力。

 

この程度の選手は多いと思う。

 

100mを1分30秒以上で泳げる選手はほぼバトルは回避出来ているはず。

(まぁ第一ブイまで多少バトルがあってもそこから先は余裕のはず)

 

僕と同じペースの選手なら一番左側の2-3列目くらいからスタートすればそうバトルに巻き込まれないと思う。

但しスタートしていきなり右側に寄っていったらあかんよ。^^:

 

第一ブイは少し遠回りしてもそうロスはしないから安心を。 

 

一方最短距離を狙って一番右からスタートする選手は、先述にもあるようにコースロープの更に右側には入れないので注意してね。

 

今年の潮流情報が入っているね。

 

例年だと第一ブイから第二ブイまでの1100mは追い潮なのに、今年は向かい潮

 

5年前くらいだったかな? 100人以上が第二ブイまで到達出来ず、船に上げられた。

 

さあ~ あなたはどこのスタートラインに立ちますか?


13051778_931321703648380_3960777170515875855_n_20170407201829e75.jpg



最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。







コメント

質問です

いつも有益な情報ありがとうございます。とても参考になります。本文中に「一番右側の2-3列目くらいからスタートすればそうバトルに巻き込まれないと思う。」とありますが、右側ですか?文脈からだと左側の方が良さそうに感じたのですが。

Re: 質問です

ご指摘ありがとうございます。訂正しました。
そうです左側です。誤字脱字が多すぎますね。(^◇^;)まだまだ続きますので辛抱して読んでください。ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ