fc2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと


にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。



前回のお話しはこちら

カテーテルアブレーションその4(心房中隔を貫通させ処置する予定だった)

http://km508145mk.blog.fc2.com/blog-entry-4887.html





同じ悩みを抱えてらしゃる方や他の後遺症で悩んでいる方からメールをもらった。


今回の僕の決断と、諦めない心が伝わって様で何よりだ。





今日も頑張って綴っていこう



いよいよカテーテルが血管内挿入されていく。


手術後の鼠蹊部を見ると3つの穴が開いていたので、3本のカテーテルを挿入されたのだと分かった。


18308929_1174505575993029_1595738890_n.jpg


心臓付近に到達するまでの時間なんてあっという間。

下半身にいろんな機材を置かれているのは分かるが、どれくらいの太さのものが入っているのかまではさっぱり分からない。


先生「準備が整ったのでスタートさせていきますね。少ししんどくなる薬を入れます。

20秒くらいでで楽になるのでちょっと我慢してくださいね。」


「は、はい」

「うーーっ!」


 吐き気や何とも言えない熱感(造影剤ではない)


涙が流れたのを覚えている。


続いてプロタノールという薬で120/拍に心拍を上げていく。

このくらいはジョグレベルなんで平気だったが、

カテーテルから発する電気で、心拍が急激に下がる場面とか、上がる場面が幾度となく襲ってくる。


「2連発 3連発 きたね」


「13番と18番で再度トライ」


20個近い電極には番号があり、いろんな位置から電気を流し起源を探していく。


しかし不整脈は持続せず、2-5連発までで止まってしまう。


「180    ストップ   200   ストップ    220     ストップ」


「そこまで上げる?」


涙は何度も流れていく。


スタッフの一人が「大丈夫ですか?」と近づいて来てくれた。

「唇と舌がからからなんです。湿らせてください。そして涙を拭いてください」


その後もかなりの時間をかけてくれたが特定できない。


先生「室〇さん、もう一回だけきつい薬入れます。20秒頑張って」


「うーっ!!!」

涙が止まらない。


この時、左腕に付けられていた点滴の液体が逆流してきた。 血圧が上がったせいだろう。 


すぐさま伝えて処置をしてもらった。



この時点で3時間半を経過していた。


続く

18302455_1174505579326362_1472693836_n.jpg 

18336559_1174505569326363_486584798_n.jpg 




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2024 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ