2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:カテーテルアブレーション


にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。

18190870_1164720926971494_49763936_n.jpg


前回のお話はこちら

カテーテルアブレーションその7(この病院に導かれていたのかもしれない)

http://km508145mk.blog.fc2.com/blog-entry-4891.html


術後、僕は最大の山場を迎えた。


集中治療室の様な所で、暫くの間完全管理状態となる。


血圧、抹消の酸素量測定 点滴、体温測定

鼠径部は止血のためテーピングでぐるぐる巻きにされ、その上に1㎏前後の

重りが乗せられている。


「今後4時間は下半身を絶対に動かしてはいけません。」


約5時間半の手術の後、更に4時間絶対安静


手術後半には既に腰が痛くなっていたので、


「あと4時間ももつのだろうか?」と不安になった。


30分が経過した。既に腰は悲鳴を上げている。ぎっくり腰になってしまったような感覚だった(経験済なのでよく理解している。)

60分経過。看護師に腰を少しだけ上げてもらう。

約10秒ほどだったが、、、とても楽になった。


やがて2時間が経過


「止血も順調のようなので、下半身は動かせませが、腰を枕にあてて浮かす事くらいは可能です。

あとベットのリクライニングも15度程度ならOK」


との事で、ようやく腰を浮かしてみた。


すると、、今度は尿道の管が痛い。少し動く度に痛みが出てくる。


翌日の朝まで管はつけっぱなし。


果たして寝れるのだろうか?


とても不安だったが、手術の疲れと、いろんな薬を入れられた影響もあり、

9時の消灯と共に一気に爆睡モードに入った。

しか自然に寝返りを打つ瞬間。管の痛みで目が覚める。



鼠径部の痛みや心臓の痛みは特に感じなかった。


兎に角最後まで痛かったのは尿道だったのである。

続く

 

18072497_1161642363946017_108244081_n.jpg






最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。







関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ