2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。

 


昨日の「一筋の光明」


 http://km508145mk.blog.fc2.com/blog-entry-4943.html

を読んで頂いた方からメッセージが多数届いた。

 
gool2_20170628195829d31.jpg


 


まだ完治している訳ではないけど、半歩でも前進出来た事はやっぱり嬉しい。

 


皆さん本当にありがとうございました。

 


 
2回の手術で要した時間は合計11時間

 

この間、血管内を通しているカテーテルが何度も入れ替わり、造影剤や頻脈にするための薬剤、

痛み止め、常時X線にさらされる等、身体へのダメージは相当なものだったはず。

 

しかも上記以外に、一番ダメージを受けるのはやはり心臓だ。

 


1.右心房は
2か所(心房粗動を止める部位と上大静脈の周囲)


2.左心房は
4カ所(肺静脈4カ所をクライオバルーンにて)


3.右心房から左心房へカテーテルを入れるため、内壁を貫通させている。

 

 

素人でも容易に想像出来る事を外傷で例えてみよう。

 

1.     擦過傷ですら治るまで時間を要するし、その部位がかさぶたになる時は周囲の皮膚が引っ張られる。

2.     指先など少しのやけどでも皮膚は剥がれ、その部位が完全に元に戻ることはない。しかもその部位の皮膚や筋肉の自由度は間違いなく低下する。

 

これくらいの外傷は誰でも大なり小なり経験しているだろう。



実は

 

 僕の左足全体は幼少期に大やけどを負っており、右足より1cm以上短い。

火傷した直後は骨の一部が見えていたくらいである。(他の部位の皮膚を移植している)

指5本全部、床につかない。理由は火傷で指の腱が引っ張られてしまっているからだ。


 

やけどの後遺症は誰よりも理解している。

 



なので、心臓をやけどさせているのだから、心臓の柔軟性低下は少なからずあると思う。

そして、そのやけどの治りも、休みなく血液が通っているのだから、そう簡単にはいかないのも想像出来る。



2度目の手術を終えて2週間以上経過しても 、徒歩や階段の昇降だけで不整脈が出ていたから、


「やっぱり3度目も覚悟しないと」



と腹をくくっていた矢先に




昨日キロ9分台で5km走れたのは




、、、、まさに神が降りてきてくれたと感じたくらいだ。



走っている間や、走り終わった後の不整脈の頻度が以前の30%程度まで下がったと感じている。



昨日をリスタートの日にしようと決心した。

 

 

これからのブログは

僕のちょっとした体調の変化や、衰えてしまった運動パフォーマンスがどの程度回復して
行けるのかを紹介していこうと思う。



その道のりは険しく長いかもしれないけど、 
必ず復活してみせる!!



16684023_1098634750246779_6219573224975234272_n_20170628200155adf.jpg




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。







関連記事
スポンサーサイト
コメント

励まされました。心臓に関する記事なのでずっと読んでいました。このように分かりやすく心臓手術の説明をされると素人の僕でも大変さが分かります。僕の狭心症など全然大丈夫と思いました。復活を祈念しています。

あつめしさん

どうもありがとうございます。2度の心臓手術をしてでも復活を目指そうとするトライアスリートで、ブログを続けている人間は多分僕くらいだと思います。なのでこれからも自然体で綴り続けていこうと思ってます。
幸運にも恵まれて5年連続してハワイに行けましたが、また行くことができるのか?
無謀なチャレンジですが諦めずにがんばって参ります。これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ