FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと


にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。



個人手配その1

 eee.jpg

エントリー費+旅費詳細について、こういった内容を綴ると意見をいう人もいるだろう。


でも気にしない。 

「こんな遠征方法もあるんだ」と思ってくれる人の方が多いはずだからね。

 

 

先ずはIronamn70.3台湾を紹介 (遠征は3泊4日)

先ずはエントリー代 日本人6%OFFクーポン活用約36000円

エアー:関空―高雄(LCC直行便)32000円 (バイク203cm以下の梱包代含)

レンタカー:SUV(3泊4日)フルカバー保険付33000円

ホテル(3泊:朝食付)17000円 (スタート会場まで徒歩10分以内)

合計118000円 (後はガソリン代+食事代等必要)

宮古島遠征よりも安くなってしまったし、旅行会社の半額以下になってしまった。 


しかも移動+待ち時間等も圧倒的に僕の方が少ない

 

ツアー会社だと関空―桃園空港ー車移動―松山空港―3時間待―台東空港―車移動―ホテル

この間バイクシッピングの手続きも必要。手荷物もってあちこち移動しなければらない。

(スタッフについていくだけで目的地に行けるのがありがたいけどね)

 

一方こちらの旅程だと

 

関空―高尾―空港から2分のレンタカー屋―レンタカーで移動(旅を楽しめる)―ホテル直行 ホテル無料駐車場あり 

 

レンタカーは高雄国際空港から台東まで170km


高雄からいったん南下し途中から峠越えして東海岸線を走る。


こんなルートでの遠征は少ないだろうね。


いい旅になりそうだ。



ご参考

*ツアー会社A社一例
遠征期間同一条件
□ツアー147000
□桃園空港ー松山空港移動別途
□バイクシッピング10000-20000別途
□チャイナエアライン:バイク輸送別途
□エントリー料金36000
□バイクシッピングサービス事前申込み必要
軽く200000円超

takao.jpg




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ