FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。




今日のタイトルはチーム愛を感じた日



P1080741_2018011120434067b.jpg 




昨晩チームメイトから突然メールが入った。




「故障して2年近くも経つのに未だ復帰も果たせず、チームの一員として申し訳なくて」という内容だった。




僕はすぐさま電話した。




そして真意を改めて確認させてもらった。





〇〇さん「正直いつ治るか自分でも分からない中、チームにいる事自体迷惑をかけていると思えて、思い切ってメールしたんです」

 



内容を聞いた僕はこう伝えた。

 




「僕も昨年はどん底を味わったのをご存知だと思う。この経験をしたからこそキャパが広がったと感じている。


実は他にも臀部や骨盤周りの慢性疲労にも悩まされているんだけど、
諦めずに頑張っているんだよ。


〇〇さんはまだまだ若いし、絶対に良くなると信じて治療を続けてほしい。その為にも僕も頑張り続けるから。



それにチームに迷惑がかかっているなんて一切ないし、〇〇さんがまた笑顔でレースに出るのを皆が心待ちにしているはず。
だから諦めないで」





 14650053_1620690438223869_9160721968649000019_n_2018011120434762f.jpg




病気や不慮の事故や怪我で、ネガティブな状態に陥った自分と向き合っているうちに、

 


それを自然に受け入れられる場合と、


今ままで以上にネガティブに陥ってしまうこともあると思う。

 



チームメイトもその狭間で悩んでいたのだろ。




「止まない雨はない」


 


涙ながらも返ってきた言葉は「待っててくださいね。きっと笑顔で戻ってくるから」

 



チームを愛してくれているからこそ悩みを打ち明けてくれた〇〇さんに「ありがとう」と伝えた。

 

諦める事や楽を選択する事は簡単だけど、人生を心から楽しむためには乗り越えていかないとね。

 



チームメイトとのふれあいは僕の明日への糧にもなっている。




IMG_7570.jpg






最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ