FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。




予約投稿です。


みなさんも一度や二度、以下の経験をしてはいないだろうか?


滅多に会うことの無い人に偶然再会した。

初めて会った人と会話をしているうちに共通の友達がいた。

初めて会った人なのに過去に会っているような気がした。

初めて会った人なのに過去から友達だったように感じた。

初めて会った人が近隣の方だった。

久しぶりに再会したい人に連絡をしようとしたら、その人から連絡がきた。

上げればもっとあるかも知れないが、、、


実は僕はこのような出来事が幾度もある。


昨年の出会いもそのひとつだ。


201711月のXamenで奇跡的な出会いを経験し、今もその方と交流を続けている。


彼は現在上海で仕事をしている。
中国人が主宰するトライアスロンチームの練習会や宴会に参加したり、IRONMANレースのスタッフとしてお手伝いしたり、自身レースにも参加したりしている。

そんな彼が、昨年11月に開催されたXamenで、日本人のエントリーの多さに驚き、自ら日本人への競技説明会を買って出てくれたのである。
パワーポイントで一から資料を作り、解りやすく説明してくれた。本当にありがたかった。説明会後彼にお礼を伝えた。


翌日のレース当日

彼は日本人にエールを送る為、わざわざメイン会場から離れたスタート位置まで来てくれた。

そこでばったりと会った彼が僕のウエアを見て驚く。

彼「す、すみません。BigLakeですよね」

僕「はい。滋賀県で立ち上げたチームです」

彼「うわーっ!前から存じてました。実は私滋賀県出身なんです」

僕「えーっ!滋賀のどこなんですか?」

彼「大津市です。」

僕「えーっ!僕も大津市ですよ」

彼「BigLake憧れてたんですよ。仲間に入れてもらえる事は可能ですか?」

僕「既にお会い出来たし条件をクリアしています。是非是非」

彼「2月の旧正月に滋賀に帰りますので、その時 宴会でも」

僕「了解です。楽しみにしてますね」


レースを終え帰国後、彼にお礼のメールした。
そして僕が昨年9月に出場する予定だった重慶の突然のキャンセルで、いまだにキャンセル料が支払われていない事を告げると、中国のIRONMAN事務局に直接対応し続けてくれたのである。


たった一度の出会いから、今年チームメンバーの一人になってくれる。

人との出会いは本当に素晴らしいし間違いなく財産になる。


今年も新たな出会いはいくつ生まれるのだろう。

想像するだけでもワクワクする。


出会いは偶然なのか必然なのか。。。


僕は必然だと信じている。






最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On




イオンドクター









   

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
にほんブログ村

 
にほんブログ村 ワンクリックでこうたんにパワーを!!
是非ワンクリック応援よろしくお願いします。








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ