FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。

今回のレースでは補給無しで走ると決めていたが、実はそれ以外にもテーマを持って挑んでいた。

 

この内容もレース前に綴っている。

http://km508145mk.blog.fc2.com/blog-entry-5189.html 

 



それは
Ave4分30秒/kmで走るというものだった。

 

このAve設定には意味があった。

今回のレースは高低差の多いコースである事から、普通なら心拍変動は高まってしまう。



これを体感で極力少なくしてみようと思っていたのだ。



つまり登り区間は頑張らない。



下りは大腿部に負荷がかかってもペースを上げて心拍変動を極力少なくする。

こんな走りを目指していたので、目標Aveは4分30秒/kmとしたのである。











 

下のグラフは接地時間だがグリーンに変化している部分は登っている区間である。






 



 

そんな高低差の激しいコースだったのにも関わらず

 

 

心拍推移は後半までほぼ一定である。



 

 

17km19km区間は下りの負荷に影響を受けた大腿部が、レース中盤の猛烈なスコールと寒さのダブルパンチで硬直。


その影響でスピードダウンし心拍が低下してしまっている。

 

しかし、残り2kmの激坂ではもう一度心拍が上げられている。つまりスタミナは切れてはいない。

 

登り切って競技場に入ってからはラストスパートも出来ている。

 


 

1月は短時間高負荷練習を適度に入れておいた事で、こうしたレースが出来たと感じている。
 

低中高の負荷練習をうまくミックスさせながらシーズンに入っていきたい。











最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On
























 

更に4分30秒/kmIRONNMAN70.3でのランパートで設定したいスピードだ。




実際にはこれよりも少し落ちるとは思うが、このスピードを常に目標としている。

 

今季のレースは10月のハワイまでは70.3が中心となるので、身体に染み込ませておきたいと考えていた。

 

では実際のレースはどうだったのか?

 

序盤のラップが4分15秒/km程度でも全く辛さもなかったので瞬時に上方修正を行った。

 

平地は4分15秒ペースで、登りは4分30秒前後で、そして下りは4分10秒以上でというプラン

 

それがこのラップだ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ