FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。





https://lumina-magazine.com/archives/news/6552

 



 

アンチKONAの方はスルーしてね~!



でも圧倒的に閲覧数は増えるKONAネタ。。。^^v 





ご存知の方も多いと思うがLUMINAからもうすぐ募集が始まるね。

 


竹谷さんが
3年かけて育成していくようだ。

 


どれくらいのレッスン料になるんだろう。。。。(驚)




 

僕の初KONAは2012

現在5回出場しているが、日本人の出場者数は2015年が最も多かったと記憶している


その数
80人弱。(間違っていたらごめんなさい)

 


ケアンスで日本人枠(
20スロット)があった2016年でも70人ちょいくらいだったはず。

 


KONA
に夢を抱いている日本人アスリートは山程いると思うが、自力でスロットを獲得するには

どの予選に出場するかを見極める事も重要なポイントになると思う。

 

 

現在チャイナの70.3シリーズのみKONAのスロットがある。


遠征が厄介かも知れないが、そこを乗り越えて出場することで
KONAが近づいてくる事もありうる。

 




また
10月のKONA決戦前後のレースは穴である事は間違いない。

 

そこを狙っていくのも一案である。

 


ヨーロッパやアメリカでのレースはレベルが高いと思われるが、
10月のKONA決戦前になってくるとチャンスもある。

 


また昨年のカナダもそのひとつだった。

日本人枠20スロットがあったにも関わらず、

日本人の参加者が少なかったことで初
KONAをゲットした方も多かった。

 

ただ今年も日本人専用枠は設定されるのか不透明だし


様子見している間に
SOLD OUTになってしまうレースもあるので注意が必要だ。




一方



チームメンバーでIRONMANを目指す人が増えてきた。


既にアメリカミシガンや韓国などにエントリーを済ませているらしい!


情報交換しながらモチベーションを維持していきたい所だ!!



最後に、今日は月例のランニング練習会。


寒い朝だったけど7人が集まってくれた。みんなお疲れ様でした!










最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On






















関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ