FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:不整脈


にほんブログ村

  ↑  

この台湾シリーズになって閲覧数は凄いんですけど1クリが殆どありません。(^^;
是非1クリ応援よろしくお願いします。






今日はレースレポートに突入するはずだったが、どうしても伝えたい事があるのでそれを優先したい。

それはIRONMAN台湾に出発する16日の朝起こった。

関空に到着し出国審査を終え、待合室で時間を潰そうとPCの電源を入れると突然メッセージが入った。

メールをくれた相手は、共にKONAで戦った事がある同じ関西在住のトップアスリートだった。



そのメッセージを読んで、僕は胸がつまった。



僕と同じ病気で苦しんでいる事が綴られていたからだ。


しかも騙し騙し何年もやってきたことも。


ずっと活躍されていたので、知る由もなかった。



日本のトップトライアスリートがここまで苦しんでいたとは。。



彼から今の僕の“生き様”に「とても勇気をもらえている」と言ってくれた。


僕は彼のために何でも動こうと決めた。

台東のホテルに到着後、改めてやりとりを開始。

彼の不安要素に対しアドバイスした。

彼は薬で様子見する予定だったみたいだ。

ただ薬は根治しない。

心臓機能の低下や副作用が心配なので、手術を勧めた。

彼は手術を決心した様だった。






前にも綴った事があるが、

僕も同じ病気で手術した方から、いろんなアドバイスをしてもらい手術を決断した経緯がある。

恐らくその方がいなかったら今の自分ではなかったと思っている。


彼の手術は早くて7月。

レース復帰は来年になるだろうが、いつかまた一緒にKONAの地に立てると信じて、励まし合っていきたいと思っている。

頑張って〇〇くん!!




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   











関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ