FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑  
上のバナーの1クリック応援をよろしくお願い申し上げます。




一番右がSHINくん


GUAMに招いてくれた友人との対面は今回で2回目、しかも年の差はなんと20才歳である。


初対面は2016年のKONAだった。

あの日から約2年の歳月が流れ、再会の場は彼の居住地GUAMとなった。

現在、彼はGUAMのトライアスロン連合の役員の一人で、トライアスロンの普及、発展に向けて尽力されている。


トライアスロンはアメリカの国技であるが故に、誰もがお金をかけずしてもレースに出られるスタイルを確立している。


(ironmanは別)


今回出場したレースもエントリー費はたったの50ドルだ。


しかも、そのエントリー費の安さでも、男女別の3位までには賞金までが出る。

さらにTシャツに完走メダル、他 飲み放題のビールと昼食(バイキング式)まで振舞ってくれるのである。


スポンサーといっても基本はGUAMの企業のみ。


基本はエントリー費用で運営全てを賄っているらしい。


時に赤字になる事もあるらしい。






その場合、違うレースで取り戻すとのこと。


スプリントやスーパースプリントレースも年中やっていて、エントリー費は高くても20ドル


マウンテンバイクで出る人もいる。


僕にも夢がある。

定年後は滋賀でローカルレースを開催したいと思っている。

先ずはチームメンバーだけで実験的に行い、その後、少しずつ一般の人にも出てもらえる様になればなと。。。

GUAMのレースがどのように運営されているのかが理解出来て本当によかった。


スタッフは心底トライアスロンを愛している。

だから誰かに指示されなくても、持ち場立場で率先して動く。




全てが手作りでしかもシンプル、DJやMCが会場を盛り上げてくれる!


計測は人海戦術、


競技説明書はA4一枚のみ、マーシャルはなし。


ほんと凄い!!

日本は規制が厳しので、簡単には開催出来ないけど、どうすれば安く、安全に開催できるかじっくりと考えていこうと思う。








最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   










関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ