FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと
 にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村                にほんブログ村


↑ ↑ ↑  
上のバナーの1クリック応援をよろしくお願い申し上げます。



632

僕は6番手辺りからスタートしていきました。


ビーチスタートで海に飛び込んだ後、直ぐに泳げたのでとてもスムーズ、


しかもバトルも殆どなく順調に駒を進めていきました。


セブの海は本当に綺麗でした。

fc2blog_20180806201718d03.jpg


スタートからゴールまで熱帯魚やサンゴ礁が和ませてくれましたし、
海底で待機しているダイバーもはっきりと見えていましたからね。


しかしこのスイムには難関が待ち受けていたのです。


毎年沖に出た後のうねりと潮流が激しいと聞いていたのです。




スタート前はベタ凪に見えていましたが、第二コーナーを回るとかなりのうねりが正面から襲ってきました。

cebu6.jpg 


うねりや波に滅法弱い僕は、ここで心拍を上げても仕方ないと腹をくくり、


後から抜いてくる選手で付いていけそうな選手を選び、

コバンザメで戦法でいく事に決めました。




これが功を奏し、第4コーナーを回って残り
400m。


でもまたまた試練が降りかかってきます。



時折、猛烈な潮流が襲ってくるのです。距離にして
100m程か。


感覚的には1分で
30mくらい流されている感じ。


この難関を突破するまでとても長く感じました。




そしてようやくスイムアップ 


早速腕統計に目をやると
35分台


40
分は覚悟していた僕は、

気を取り戻し急坂を必死のパッチで登り切り、バイクスタートしていきました。



続く~



最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ


にほんブログ村  

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村














関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ