FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村                      にほんブログ村


↑ ↑ ↑  
上のバナーの1クリック応援をよろしくお願い申し上げます。




オリンピックディスタンス(51.5km)以上の距離で、

全てのコースで沿道の観客が途切れない大会を経験された方ってどれくらいいるのだろう。?


少なくとも今回のCebuでは86人の日本人が出場していますが、僕を含め初Cebuのアスリートは度肝を抜かれと思います。

本当に圧巻でした。


レースの2週間前に急遽バイクコースが変更となり。事務局も大変だったと思います。

コース全般にフェンスの設置などはなく、

野良犬や子供がいつ飛び出してきてもおかしくないのに全くその心配は無かったです。(僕が走った場面では)


変更になったコースは1周30kmを3周回。




橋を6回渡るセッティングは適度なアップダウンがあってよかった半面、道路幅が狭かったため

下りではかけたくないブレーキをかけざるを得なかったこともありました。


でも条件はみな同じ。


最高のバイクレグでした。






ではレースを振り返ります。

レース序盤は様子見しようと思いましたが、それでもAVE35km/hを超えてます。

幸いにもバイクレグの間はほぼ曇り空。

このおかげで攻める事が出来たと思います。


2周目が終わった時点で足の残り具合を確かめたところ、余裕を感じたのでそのままの勢いで
3周目も攻めていきました。


今回も痙攣など全く起きず


「ランでも走れる」という感覚を持ちながらバイクを終える事が出来ました。


続く~




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ


にほんブログ村  

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村













関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ