FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:Ironman World Championship2018

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村                     にほんブログ村


↑ ↑ ↑  
上のバナーの1クリック応援をよろしくお願い申し上げます。







OnアスリートTim Don
 


IRONMANを目指している方なら知らない方は少ないと思います。
 
 
2017年 

TimDonはトライスロンのフルディスタンスで世界記録を更新し、満を持してKONAに挑むはずでした。
 
しかしレースの数日前バイク練習中に交通事故に遭ってしまいます。
 
一命は取り留めたものの首の骨を骨折する大怪我を負ってしまい、KONAのスタートラインに立つ事は出来ませんでした。

 
彼は治療で最も過酷な選択をしました。

それは頭蓋骨に穴をあけて固定するハローベストという器具を取り付けるものでした。
 
13athlete-1-articleLarge-v4.jpg 




約3ヵ月間の闘病生活の中でも、出来るをコツコツと重ねていきます。


そして事故から半年後、復帰第一戦として選んだボストンマラソンに2時間59分59秒の目標を掲げスタートラインに立ちました。
 

結果は2時間49分というタイムで見事に復活を遂げます。




今年のIRONMANレースでKONAの出場権を獲得した事も知り、現地で会える事を心待ちにしていました。
 







その日は突然やってきました。





 



Onスタッフから連絡が入ります。


「水曜の午後からゴメスとTimのサイン会がOnブースで開催される」と。。。。。
 

私はOnスタッフに助けられ、早い段階で記念撮影と握手まですることが出来たのです。
 

サインは初代レーサーとポスターに、そして写真撮影はOnのスタッフが撮ってくれました。

 
創設者のオリヴィエからも僕の事をTimに紹介してくれました。
 

またひとつ大きな夢が実現出来た瞬間でした


















最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ


にほんブログ村 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ