FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:IRONMAN Australia2019

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村                     にほんブログ村

↑ ↑ ↑  
皆さん是非1クリック応援よろしくです。📣





無事に帰国しました。

しかも今朝9時過ぎには8日振りの我が家に到着してました。

今回の遠征では最後の最後までハラハラドキドキの展開に。

羽田からの国内線乗り継ぎに制限時間5分前に乗れたことも含めて(ANAの係員が助けてくれました)

遠征スケジュールはほぼ予定通りに終えることが出来ました。

いやそれ以上に楽しめたと感じています。








今回のレースはオセアニア選手権を兼ねていたこともあり、最初からKONAは厳しいと覚悟していました。

新しい取組み週10時間という練習時間でフルディスタンスを走破することを最大のミッションと位置付け、

世界の強者達と戦う準備を進めてきました。

そして本番のレースでは目標通り最後まで走り続け、”純粋にトライアスロンを楽しむ”ことが出来たのです。


IRONMANは多くの事を教えてくれます

目的地までの往復で味わうスリルやトラブル、そして言葉の壁もあります。

それも含めてすべて冒険心が勝り行動に移していけるのです。

これらの事は国内レースでは決して感じることはできません。

(ちなみに費用面は工夫次第で2レース分行けるくらいにもなります)


2019年はKONAには行けないかも知れません。

でも来年は行けるかも知れないという希望を持ち続けながら、このスポーツを楽しみ続けていきたいと思います。


明日からボチボチと回想記を綴っていきます。

どうかまた覗いてやってください。そして1クリック応援もぜひよろしくです。


最後に今朝の上空から見た富士山で今日はおしまいです。


明日から仕事頑張っていきます。






最後まで読んで頂きありがとうございました。😊👍
下のバナーをちょいと1クリックお願いします。。。
  ↓  ↓  ↓


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ