FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと




今日のひとりごとはバイクのセッティングについてです。

みなさんはレースコンディションに合わせてバイクのセッティングを変えることってありますか?

私は今シーズンに入ってショートの大会に対し初めての試みなのですがやってみました。

どんな変更なのかを綴ってみたいと思います。

掲載中にある通常のポジションとは宮古島ロングディスタンス仕様を意味しています。そのポジションからの変更数値です。

1)フラットコース(唐津、あやはし、舞洲)の場合
?ハンドル位置:可変ステムを使って20mm下げる。
?サドル高さ:5mmアップ
?サドル前後方向:5mm〜10mm前に移動

理由:フラッの高速コースでは空気抵抗を下げるために前面投影面積を極力小さくするフォームにしたい。

2)峠コース(ひわさうみがめ、次回控えている珠洲大会)
?ハンドル位置:可変ステムで10mm〜20mm上昇
?サドル位置:高さ方向は通常位置と同じ 
?サドル前後方向:5mm〜10mm後方にセット

理由:峠を上る時は平地よりお尻の位置を後方にずらしてペダリングしたい。またハンドル高さも上りのときは高めの方がシッティングでもダンシングでも腰への負担が減ると考えています。


大幅は変更はリスクを伴いますが、レース毎にいろいろと試してみると、また新たな発見もあるかもしれませんしね。。。^^v

今日の写真:舞洲大会より
今日の練習:体幹補強30分 ラン6km(ペース走) スイム1000m

関連記事
スポンサーサイト



コメント

鉄さんへ

鉄さん
どうもありがとうございます。

うれしいです。同感していただけるなんて、

どんなに短いトレーニングでも、常に自分自身にアンテナを張っていたい。。

少しでも昨日より進歩した今日でありたい。

この思い、鉄さんと共にこれからも続けていきたいと思っています。

僧幅筋や背筋の強化ですね。。。アドバイスありがとうございます。


私とほぼ同じ

もう何年も前のことになりますが、ショートも積極的に参加していたときは、私もこうたんさんが実践されている変更点と同じようなことをしていました。

現在、私のポジション追求点は、肩甲骨あたりから背中にかけて猫の背中(らくだのコブ)のようなフォルムを作ることです。
あくまでも理想ですが・・・。

このポジションを可能にするには、背筋、僧幅筋などを強化する必要があります。
また、短時間の競技では可能なポジションでも長時間では不可能なポジションが出てきます。

格好いいフォームよりも楽で速く走れるフォームが理想ですが、自転車乗りだったら、ツール・ド・フランスなど、タイムトライアルでのフォームが本当の理想像ですね!!

現在、こうたんさんが実践しているポジションの変更点は、正しく理にかなっていると思います。

ちなみに、私はトレーニングに出かけるときにはいつも背中にアーレンキーを忍ばせ、毎回、どこかをいじり倒し自分が納得出来るポジションを探しています。

しかし、身体は時間の経過と共に、慣れが生じてしまうので、本当の適正なポジションは、まだまだ実践半ばといった感じです!

探求心ななければ強くならない!!!

杉○さんへ

私は今でも、試行錯誤を続けています。
自分との対話を常に意識しながらバイクに乗っています。

杉○さん。

珠洲までにいいポジションが見つかるといいですね


^^v

海外出張ご苦労様です。^^v

マンタさんへ

マンタさん
どうもありがとう。
ロスを極力少なくして推進力(泳ぎ、漕ぎ、走りたい)に変えたい。。
このテーマは恐らくトライアスロンに終止符を打つまで続くと思います。
今日もがんばりました。そして明日もがんばるぞ!^^V


キヨコさんへ

キヨコさん
復活しましたか。。。。^^v

いやーーーさすがに説得力のあるコメント。。 
参考になります。
ありがとうございます。

このコメントをコピーして永久保存版にしておきます。^^

バイクと自分の身体の一体感。。。初期設定意外は全て自分で決めていく。。

これからも試行錯誤でベストポジションを目指していきます。

是非ポジショニングに関する問い合わせをしたいですね。。^^:

その節はよろしくお願いします。

ギヤ比も交換してみたいですけどね。。そこまではなかなか手が出ません。^^:

どうもありがとうございました。

試行錯誤

最近バイクのポジションに悩みを抱えていたので、良いアドバイスになりました。
珠洲までに再度ベストポジションを探してみます。

自分を信じて

練習でもレースでも常に自分と対話しながら また何かを得ようとしている。こうたんさんのその姿勢。いつも励みになってます。

重要です

お久しぶりです~。
体調不良(情けない)から復活しました。
いつも元気なこうたんさんを見習わなければ!!

バイクのポジションは機材云々よりとても重要です。
簡単に言うと、バイクと身体が一体化していないと
意味ないです。スキーやスケートと同じですね。
私が指導で一番重要視している点です。

身長・手脚の長さだけでサイズを出すのは初期設定・一般論であり大まかなサイズは出ますが、最終的に突き詰めると、ライダー本人の力の出し方や関節の可動域など身体能力の特性に合せてセッティングしないとバイクと身体は一体化して動きません。

また、こうたんさんのようにコースによってセッティング(余裕があればギヤ比も)を変えるというのも同感です。
私自身はドロップハンドルとDHバー両方が叶うポジションというのは無いような気がします。長年探し続けていますがどちらかを捨てなければならないと考えています。

ポジショニングに関するお問い合わせは当スクールまで・・・おほほ(笑)。
ポジションが合うと、バイクライドがとてもラクで楽しいですよ!!
数値にとらわれずに、自分の身体と相談して目指せベストポジション!です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ